技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

排水管検査カメラ

よみ ハイスイカンケンサカメラ
英 in-pipe inspecting camera for drain
概要 排水管検査カメラとは、排水管内部の状況を検査するカメラのこと。先端に小型カメラを取付けたフレキシブルケーブルと、モニタなどで構成。マンホールや排水口から排水管に挿入し、得られた映像を手元のモニタに表示したり、録画したりする。
排水管の破損や、スケールの付着、詰まりなどの点検作業に用いる。キャリングケースに一式を収納したポータブルなタイプが多い。

排水管検査カメラといえばこの会社

・上・下水道の維持管理に関する機械器具の輸出・輸 入並びに国内販売 ・下水管検査用テレビカメラの輸出・輸入並びに国内 ...
排水管検査カメラの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】人類が使用するエネルギーを全てまかなえる太陽光パネルの面積は?(2010年現在)
  1. 南アフリカくらい(日本の3倍)
  2. インドくらい(日本の9倍)
  3. カナダくらい(日本の26倍)

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ