技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

渦流探傷試験

よみ カリュウタンショウシケン
英 Eddy current Testing
概要 渦流探傷試験とは、交流を流したコイルを金属に近づけて発生する渦巻状の電流(渦電流)を利用して金属の傷などの欠陥や材質の違いを検知する非破壊検査の一種。管や線、丸棒などの全数検査ができ、高温下での試験や細線、穴の内部の探傷試験などにも利用でき、他の表面検査と比べても検査速度が速く、結果を電子データに保存できるなどの利点がある。
電磁誘導試験とも呼ばれる。

渦流探傷試験といえばこの会社

水分計/湿度計、流量計、酸素/ガス濃度計、圧力計、温度測定器および関連するセンサ、さらに超音波探傷器/厚さ計、硬さ計、工...
1) 材料物性分析 2) 赤外線カメラ検査 3) 超音波探傷試験(UT)肉厚測定 4) 渦流探傷試験...
渦流探傷試験の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【地学】夏至の昼の長さ。札幌と那覇ではどちらが長い?
  1. 札幌のほうが長い
  2. 那覇のほうが長い
  3. 同じ

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ