技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

熱収縮チューブ

よみ ネツシュウシュクチューブ
英 heat shrinkable tube
概要 熱収縮チューブとは、加熱によって収縮する樹脂製チューブのこと。円柱・円筒状の対象物よりも一回り大きいサイズの熱収縮チューブを被せてから、熱風などにより収縮させることで、対象物に密着したピッタリのサイズにできる。主な素材としてフッ素樹脂PFAやFEPなどがあり、汚れがつきにくく非粘着、優れた耐薬品性、高い絶縁性などの特長がある。配線の接続部の電気絶縁や、プリンタやファックスなどのローラなどに用いられる。

熱収縮チューブといえばこの会社

■アパレル製品部門 肌着、ランジェリー、パンティストッキング、ベビーウェア、ソックス、パジャマ、スポーツウェア、カジュ...
工業用および理化学向けラベル(耐高低温、静電気対策、通信・ケーブルマーキング、耐薬品他)の製造・加工・販売。高精度打ち抜...
熱収縮チューブの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】ミミズの体の部分的に太い場所で何がわかる?
  1. 雌か雄か
  2. 大人か子供か
  3. 空腹か満腹か

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ