技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

熱衝撃

よみ ネツショウゲキ
英 Flame impingement
概要 熱衝撃とは、製品の周囲の急激な温度変化のこと。さまざまな製品がその周囲の環境変化にどれくらいの耐性があるかを測定する環境試験の中でも、その急激な温度変化への耐性を調べるものを熱衝撃試験という。温めたガラスを急激に冷やした際に、ガラスが破損するのは熱衝撃のためである。ヒーターや冷却機など、温度変化が激しい製品では、特に熱衝撃への耐性が必要となる。

熱衝撃といえばこの会社

赤外線ヒーター製造25年、装置製造20年の実績の技術集団です。 加熱に関する相談事から遠赤外線を使った装置まで、幅広く...
パワー半導体SiC、パワーモジュール用の各種信頼性試験装置 LED寿命試験装置及び有機EL(OLED)寿命試験装置 ...
熱衝撃の会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ