技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

熱電対

よみ ネツデンツイ
英 thermocouple
概要 熱電対とは、異なる材質の2本の金属線を接続しただけの構造で、温度により熱起電力が生じるゼーベック効果を利用した、古くからある接触式温度センサの一種。ゼーベック効果とは、2本の金属線の2つの接点部に温度差があると電圧(熱起電力)が発生する現象で、1821年にドイツの物理学者ゼーベックが発見。熱電対温度センサとして発生する電圧にまったく誤差がなく、構造がシンプル、比較的安価、金属の種類を選択することで低温から高温まで温度測定が可能、などの特長をもつ。種類としては、クロメル-アルメル(JIS規格の記号K)、銅-コンスタンタン(T)、鉄-コンスタンタン(J)、白金-白金ロジウム(R)などがある。
金属の素線がむき出しにならないようフッ素樹脂やガラス繊維で被覆したり、 金属保護管に封入(シースタイプ)して使用する。

熱電対といえばこの会社

太陽放射エネルギー測定機器(日射計・放射計等)、 照明計測器(照度計・光学積分球等)から、 特殊熱電対(超極細・極低温・...
熱電対の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】飼育される牛の第三胃に入っているものとは?
  1. 軽石
  2. 磁石
  3. 岩塩

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ