技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

色差計

よみ シキサケイ
英 color-difference meter
概要 色彩の三刺激値(人の目が感じる赤・青・黄の知覚感度)を数値化し、基準となる色との差を測定する機器のこと。生産する商品の色彩にばらつきが出ないよう、色差計を使用して検査を行う。ただし、光源など一定の条件下で検査を行う必要がある。

色差計といえばこの会社

□分光色彩計・色差計 □ハンディ型分光色彩計・色差計 □分光変角色差計・変角光度計 □ヘーズメーター・曇り度計 ...
環境試験機(耐候性、腐食、降雪ほか)及び、色彩測定器(測色計、色彩計、色差計、光沢計、ヘーズメーターほか)の生産、販売
色差計の会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【地学】海の色を決める要因は?
  1. 海水中の物質の割合
  2. プランクトンの量
  3. 海水の密度

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ