技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

角速度センサ

よみ カクソクドセンサ
英 angular velocity sensor
概要 角速度センサとは、角速度(単位時間あたりの角度移動量)を検出するセンサのこと。ジャイロセンサとも呼ぶ。測定原理は、振り子に回転力を与えた際のコリオリの力を検出するもので、通常は振り子の代わりに水晶発振子や圧電セラミック素子を用い、コリオリの力によって生じるひずみを電気信号として取出す。
デジタルカメラやビデオムービーカメラの手ぶれ補正機能、ゲーム機、航空機のナビゲーションシステム、ロボットアームの位置決めなどに応用されている。

角速度センサといえばこの会社

モータースポーツ、車両試験、並びにその他産業関連部品の開発・製造・調達/海外製品の輸入販売
角速度センサの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】うなぎの毒はどこにある?
  1. ウロコ

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ