技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

量子ドット

よみ リョウシドット
英 quantum dot
概要 量子ドットとは、ナノテクにより作り出された、nmレベルの半導体の微粒子、微細な結晶のこと。サイズが数nm~数10nmの立体構造になると、原子の個数が数10個~数100個のレベルになり、3次元すべての方向で量子効果が顕著になり、大きな結晶とは異なる特性をもつため、この名称が付けられている。サイズ的な呼び方としては「ナノ結晶」と同義である。
研究機関ではすでに1990年代ごろから盛んに作成されてきた。材質は、シリコン、化合物半導体などで、特に高い効率が得られることから、レーザー、光増幅器、LED、太陽電池、蛍光(医療用、バイオ用)などの用途で研究が進められている。

量子ドットといえばこの会社

電子機器、光部品、マイクロ波部品の輸入販売、サポート、分光器関連ソフト開発
量子ドットの会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】鳥の肝臓は、アンモニアを何に変える?
  1. 尿
  2. 尿酸
  3. アミノ酸

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ