技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

防塵

ヨミ
ボウジン
dust proofing
概要
防塵とは、空気中の塵埃や粉塵などの粒子状物質が、部品、機器、装置の内部に入り込まないようにすること。

塵埃や粉塵が入り込むと誤動作や故障の原因となるため、隙間をシールしたり、可動部に防塵カバーを付けたり、開口部に防塵フィルターを取り付けたるなどして防塵対策を行う。ただし、放熱・換気用の開口部に防塵フィルターを設置する際には、フィルターの目詰まりによる温度上昇に注意しなければならない。防塵の規格としては、国際規格IEC60529(日本ではJIS C 0920)で定められた保護等級であるIPコードがよく使用される。無保護から防塵型、耐塵型までの7等級がある。

固体粒子や液体粒子(ミスト)は、人体の内部に入り込んでも悪影響を及ぼす。呼吸用保護具としての防塵マスクは使い捨て式と取り替え式があり、それぞれ粒子捕集効率80%以上、95%以上、99.9%以上の3段階に分類(厚生労働省の規格)されている。
発塵を抑えた製品という意味では、防塵セメントがある。

防塵といえばこの会社

接続機器・制御部品の国内販売およびサポート ■ 接続機器  (DINレール端子台、対応マーカー、プリント基板用端子...
■手動式・動力式 トルク機器  トルクレンチ、トルクドライバ、ヘッド交換式トルクレンチ用専用交換ヘッド、半自動/全自動...
防塵の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【地学】海の色を決める要因は?
  1. 海水中の物質の割合
  2. プランクトンの量
  3. 海水の密度

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ