技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

AR

よみ エーアール
英 Augmented Reality
概要 ARとは、人間が感覚として現実世界から得る情報(主に視覚情報)に、コンピュータを用いて情報を付加・補足すること、および付加されて拡大した状況そのもののこと。全部をコンピュータで合成して作り上げる仮想現実(VR)に対する言い方で、英語のAugmented Realityを略して「AR」(エーアール)と呼ぶ。日本語では「拡張現実」。視覚情報のARを作るには、リアルな現実世界を取込むカメラと、ズレなく合成するためのセンサ類、付加する情報を収めたデータベース、合成後の拡張現実を表示するディスプレイなどが必要である。

一緒に覚えておきたい用語

ARといえばこの会社

「あなたの書いたそのコード、IoTコンプライアントでセキュアですか?」ARMプロセッサやルネサスマイコンを初め、業界で最...
○Aras Innovatorの開発及びマーケティング ○Arasサブスクリプションのプロモーション ○Aras コ...
ARの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】ピアノとギターの『ラ』。音波の何が異なる?
  1. 波形カーブの緩急
  2. 様々な波形の混ざり
  3. 波形とは無関係

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ