技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

YAGレーザー

よみ ヤグレーザー
英 Yttrium Aluminum Garnet laser
概要 YAGレーザーとは、イットリウム、アルミニウム、ガーネットで構成する結晶に微量のレアアースを添加した結晶体を媒体に用いたレーザーのこと、またはその発振装置のこと。結晶を用いる固体式レーザーのひとつであり、パルス発振で、代表的なネオジウム(Nd)を添加した場合の発振波長は1.06μmの赤外線である。
金属に対するエネルギー吸収率が炭酸ガスレーザー(発振波長10.6μm)よりも高い、光ファイバで伝送できるなどの利点がある。レーザー加工機として、金属のスポット溶接、異種金属の溶接などのレーザー溶接機や、レーザー彫刻機レーザーマーキング装置などに使用されている。

YAGレーザーといえばこの会社

■精密板金加工、レーザー切断加工、YAGレーザー溶接、  タレットパンチプレス(タレパン加工)、曲げ加工、溶接加工、塗...
YAGレーザーの会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【地学】気圧が50hPa低いときの海面上昇は?
  1. 5cm
  2. 50cm
  3. 5m

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ