リコー、契約情報の一元管理図れる法務支援クラウドサービス発売

  • 2016/01/15 00:00

 リコージャパン株式会社(リコー)は、法務相談や審査結果を共有することでの法務業務の効率化や、部門ごとに分散している契約情報の一元管理を図れる法務支援クラウドサービス「RICOH Contract Workflow Service」を発売した。標準価格は月額8万円から。  「RICOH Contract Workflow Service」では、法務相談業務で、“相談要否の自動判定”を行なうことでの相談件数の抑制と、“相談履歴機能”を利用した情報の共有を図れる。また、締結後の契約書管理業務で、相談時の情報を契約先や契約期間などの情報と関連付けることで、スムーズに契約登録・更新を行なえる。  法務相談の窓口をシステムに一本化することで、法務相談/審査履歴を記録できるほか、法務担当者と相談者の間で、相談履歴を記録することで、ノウハウの蓄積とナレッジの共有を図れる。法務担当者は、相談者への回答など自分のタスクを管理できるほか、通知機能として使用しているメールアドレスに相談の結果などを通知できる。また、法務部門が行なう審査、回答が記録され、契約決裁時の参考情報として活用できる。  簡易審査機能を搭載し、法務部門で事前に“相談の要否判定条件”を設定することで、相談者に相談の要否や適切な契約雛形を示せる。  社内の契約情報管理を一元化できる。契約相談の情報を活用して契約登録を行なう機能を備え、契約更新時などに契約経緯の情報を活用できる。契約情報にPDFなどの添付ファイルを登録できるほか、契約期限を管理し、契約担当者に満了時の事前通知を行なえる。  閲覧権限で情報共有範囲を設定できる。相談情報や契約情報は、閲覧制限で機密性を確保できるほか、法務部門内や相談者の部門内などに公開範囲を限定できる。また、クラウドサービスを活用して、法務業務を更に効率化する新機能が、アップデートで継続的に提供される。Internet Explorer10/11、Firefox、Google Chrome、SafariといったWebブラウザに対応している。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 07/28(Thu)です。

  • サンプル見る
  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場
  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈

最近チェックした情報

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。