JBS、高度なセキュリティ環境を運用管理するサービスを提供

  • 2016-01-19 00:00:00.0

 JBサービス株式会社(JBS)は、株式会社FFRIの標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」を利用した「FFR yarai 運用サービス」の提供を開始する。  「FFR yarai 運用サービス」では、JBグループ(JBCCホールディングス株式会社と事業会社の総称)の運用センタ“Solution Management and Access Center(SMAC)”で「FFR yarai」の運用管理を提供する。管理サーバの監視状況確認などの日常の運用を支援するほか、「FFR yarai」がマルウェアの疑いありと検知した検体について、SMACでの1次切り分けで過剰検知を排するなど技術的な支援も行なう。また、1次切り分けで判断が難しいものは、その挙動を確認する動的解析や、逆アセンブルを利用してコードを解析する“静的解析”などを行なうことで、詳細な分析を行なうサービスにもオプションで対応する。企業の情報システム部門に代わり高度なセキュリティ運用を行なうことで、大企業に加え、自社運用が困難だった中堅中小企業まで「FFR yarai」を利用したセキュリティ対策を提供する。  ウイルス対策製品では対応が困難な未知のマルウェアや脆弱性を利用した外部からの攻撃を検知/防御できるほか、暗号化ファイルや暗号化通信経由での攻撃も検知/防御でき、検知の死角に対処できる。監視状況の確認、管理サーバの運用、「FFR yarai」のバージョンアップなど、煩雑なセキュリティ運用を代行する。また、クラウド/オンプレミスなど、ユーザにあわせた環境構築を行なえる。  1次切り分けで判別が困難なマルウェアの詳細分析オプションや、感染が発生した場合の外部への不正通信や情報漏洩を検知/防御するオプションが近日発表される予定。  参考価格は、100ライセンスで年額149万円。「FFR yarai」を導入するPC/サーバー5台以上の契約が必要で、管理サーバのインフラ構築費用と、各端末への導入、検知ポリシーのチューニング作業などの初期費用は別途。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2017-07-28 00:00:00.0です。

  • サンプル見る
  • ゴムワッシャー大増量!ピンヘッダー・ローレットツマミなど全78,000アイテム収録!総合カタログ進呈中
  • 電波干渉が少ない5GHz帯 非圧縮データを高速伝送!

最近チェックした情報

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。