富士通、電力小売事業者向け顧客管理・料金計算パッケージを発売

  • 2016/01/27 00:00

 富士通株式会社は、電力小売事業者向け顧客管理・料金計算パッケージソリューション「FUJITSU Intelligent Society Solution E3CIS」を2月上旬に発売する。  「E3CIS」では、顧客管理や利用料金の計算や請求・収納などの一連の機能がパッケージとして提供されるほか、小売全面自由化に係る制度上求められる「スイッチング支援システム」や「託送業務システム」との連携機能も標準機能で提供されるため、ユーザは電力小売業務をスムーズに立ち上げられる。  料金計算機能にBRMS(Business Rule Management System)技術を採用しているため、アプリケーション自体への変更不要で、料金メニューの追加や改定などの設定変更を行なえる。これにより、新しい料金プランやサービスの追加・変更にともなうシステム変更にかかる時間の短縮を図れ、市場のニーズに迅速に対応できる。  様々な業務形態に対応できる拡張性を備え、同製品とは別に提供される、需要家からの加入申込みWeb受付や料金メニューを開発する際の収支シミュレーションなどの拡張機能と組み合わせた導入も行なえる。また、電力小売事業者の需給管理システムや収納代行会社とのスムーズなシステム連携や、BPOサービス事業者(顧客登録、問い合わせ対応などの業務を代行する事業者)とのマッチングなどで、電力小売事業者の様々な業務形態に対応できる。  パッケージライセンス価格は、1260万円(1万需要家)から(導入費用は別途個別見積)。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 07/25(Mon)です。

  • サンプル見る
  • 金属ワッシャーなど8,000点追加! 機構部品がネットで買える「ヒロスギネット」
  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場

最近チェックした情報

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。