YuMake、1km間隔で全国の現在の気象状況を取得できるAPIを提供

  • 2016-05-24 00:00:00.0

 YuMake合同会社は、1kmごとの天気/気温の状況を1時間ごとに把握できるデータ「推計気象分布API」の提供を開始する。  “推計気象分布”は気象庁が提供するもので、気象衛星“ひまわり8号”や気象レーダーによる観測データなどを活用することにより、最新の気温/天気の分布を1時間ごとに、約1km四方の細かさで推計できるようにしたもの。  今回同社は、圧縮された状態で提供されるこのデータをAPI化し、緯度/経度指定で取得できるようにすることで、アプリやWebサイト、ビッグデータのデータ蓄積での利便性を高め提供する。地域における傾向の分析などに活用できる。  推計気象分布の要素は天気/気温の2つ。同APIでは、パラメータにより、“指定した緯度/経度の最寄りのポイントのデータを取得”“指定した緯度/経度の近隣データを取得(距離指定)”といった取得オプションが用意されている。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2017-12-18 00:00:00.0です。

  • サンプル見る
  • スマートフォンやモバイル端末を無線で充電 ワイヤレス給電チップセット登場
  • 期間限定SALE開催中!確かな品質をお求めやすい価格で 産業部品・計測器を41000点ラインナップ

最近チェックした情報

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。