豆蔵+東京農工大、産業用ロボットの短期間設計手法を実現 誰でも高精度ロボットアームが作れる時代が到来

  • 2017-03-14 09:00:57.0

株式会社豆蔵ホールディングの事業会社である株式会社豆蔵と国立大学法人 東京農工大学は、2017年3月10日、産業用ロボットアームの開発期間を短縮する設計手法を実用化したと共同研究成果を発表しました。従来は3年間くらいかかっていたロボットアームを半年程度で開発することができるようになるといいます。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2017-05-31 00:00:00.0です。

  • サンプル見る
  • 高品質・軽量・赤外線LED光源。ビデオスコープシステム『MoVeo IR』
  • 耐熱・耐圧・耐洗浄・耐衝撃。超精密加工技術ETCHING+熱圧着による『高精度金属製生産冶具トレイ』

最近チェックした情報

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。