訓練による残留リスクの低減:機械安全の基礎知識5

  • 2017-11-29 09:00:56.0
訓練による残留リスクの低減:機械安全の基礎知識5

今回は、訓練によるリスク低減方策を解説します。国際安全規格ISO 12100は、訓練に必要な時間など、具体的な内容に言及していません。作業現場には多くの危険があります。安全な(受け入れ不可能なリスクがない)状態を維持するには、最悪の危険を想定しつつ、十分な時間をかけて教育と訓練を行う必要があります。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2017-12-20 00:00:00.0です。

  • サンプル見る
  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品
  • 東芝機械の産業用ロボット コストパフォーマンス&省エネ 自動化ニーズに幅広く対応

最近チェックした情報

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。