安川情報システム、教育委員会向けセキュリティ可視化システムを発売

  • 2018-05-16 00:00:00.0

 安川情報システムは5月11日、教育委員会向けクラウドセキュリティソリューション「スマートスクールセキュリティ」の第1弾、可視化ソリューションを発売した。  スマートスクールセキュリティでは、学校の現場で求められるセキュリティ機能を、学校に設置する小さなセキュリティ装置「スクールエッジ」から提供する。また、同装置で収集した学校内の情報ネットワークの情報を、リスク分析のためにクラウドで可視化し、リスクが発見されたときは管理者にアラームで通知する。これにより、セキュリティインシデントの発生を未然に防止するとともに、発生した場合の早急な対処を支援する。  第1弾の可視化ソリューションは、コンピュータエデュケーションシステムが提供するPCデバイス制御技術と、ジャパンシステムが提供する2要素認証やファイル暗号化の機能を連携。そこに、クラウドでの可視化やアラーム通知といった、教育委員会における管理機能を併せて提供する。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2018-10-25 00:00:00.0です。

  • サンプル見る

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー