Sky、残業時のPC利用制限の解除を管理者が出先のスマホから可能に

  • 2018-05-16 00:00:00.0

 Skyは5月14日、クライアント運用管理ソフトウェアの新版「SKYSEA Client View Ver.13.1」を発売した。  本ソフトウェアは、ログ管理やセキュリティ管理、デバイス管理といった、情報漏えい対策やIT運用管理を支援する各種機能を搭載している。さらに、各メーカーのセキュリティ製品と連携することで、対策のさらなる強化を支援する。  今回の新機能や改善した機能は主に2つ。1つ目は、業務時間外のPC利用を制限できる「残業管理」機能で、制限の解除をスマートフォンで行えるようになったことだ。管理者が外出している場合でも、残業する従業員からの利用許可申請がメールでスマートフォンに届き、申請内容を確認した上で制限を解除することができる。  2つ目は、スケジュールに沿ってPCの電源を入れる機能。部署や端末ごとにスケジュールを設定することで、定期的に自動でPCの電源を入れられる。逆に定期的に電源を切る既存機能と組み合わせることで、例えば病院の診察室の共有PCや、店舗の受付PCなどの電源入/切を自動で行えるため、診察や営業を始める際の電源の入れ忘れや、終了時の切り忘れなどを防げる。  その他、Windows 10の最新大型アップデート「Windows 10 April 2018 Update」に対応するなど、各種改善が図られている。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2018-10-23 00:00:00.0です。

  • サンプル見る

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー