サイバー・バズ、Instagram運用代行でECサイトへ直接誘導可能に

  • 2018-06-13 00:00:00.0

 サイバー・バズは6月11日、EC企業向けに、Instagramの企業(公式)アカウントの運用代行サービスの提供を開始した。InstagramからECサイトへ直接的に誘導でき、購入促進や売り上げ拡大に寄与する新たな販路としての運用を代行する。  本サービスでは、Instagramに導入された「ショッピング機能」を活用。Instagramの利用者が投稿された商品をタップすると、商品名と値段の書かれたタグが表示され、そこからECサイトへつながり、商品を購入できる。  2つのプランが用意される。「ショッピング機能サポートプラン」では、この機能の導入サポートに加え、クリエイティブの制作や、テキストやハッシュタグの設計、投稿、効果検証まで、一貫して運用を代行する。価格は初期費用・月額費用のいずれも50万円から。  「ショッピング機能サポート×インフルエンサー投稿プラン」ではさらに、同社独自のインフルエンサー組織「NINARY」の会員による、ストーリーズ投稿での紹介と誘導を図る。その他、効果の高いクリエイティブ画像の広告配信への活用なども展開できる。価格は初期費用が50万円から、月額費用が120万円からで、要望に合わせたプランの提案が可能だ。  運用代行にあたり、アカウント活用の目的をヒアリングし、効果的な運用プランを提示する。また、月1回のレポート報告で、投稿内容の改善や、次の提案までをサポート。Instagram広告キャンペーンの企画と実施なども提案可能だ。「始め方が分からない」「投稿すべき内容が分からない」「効果的な活用ができていない」など、さまざまな課題に対処できる。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2018-09-25 00:00:00.0です。

  • サンプル見る

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー