ソフトキャンプジャパン、メール・ファイル無害化製品をJw_cadに対応

  • 2018-07-12 00:00:00.0

 ソフトキャンプジャパンは7月1日、標的型攻撃に対するメール無害化やファイル無害化・転送を行うセキュリティ製品「SHIELDEX SaniTrans」シリーズで、CADソフト「Jw_cad」に対応するオプションを発売した。  本シリーズでは、CDR(コンテンツ無害化と組み換え)方式を用いて、メールに添付された文書を無害化する機能を提供。メールサーバと連携することで、メールサーバを変更せずにリレー方式で柔軟に構築できる。  今回の新オプションが追加されたことで、CADファイルの無害化において、AutoCAD(.dwg、.dxf、.dwf)、Jw_cad(.jww、.jwc)、SXF(.p21、.sfc)のファイルに対応した。USTAGEが販売している「ProTRANS」のエンジンを利用している。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2018-07-23 00:00:00.0です。

  • サンプル見る

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー