NJC、診療所やクリニック向けの健診クラウドサービスを提供

  • 2018-07-12 00:00:00.0

 日本事務器(NJC)は10月、診療所やクリニック向けの「CARNAS健診クラウドサービス」の提供を開始する。受診者への健康支援や、企業・健保担当者の作業効率向上など、健康診断に関わる全ての人を支援する。  本サービスでは、医師や職員が、毎日のタスクやスケジュール、当日の受診予定者の情報を把握できる。ホーム画面では、自分のタスクを確認した上で作業に取り掛かれるとともに、受診状況や売上予定額をリアルタイムに確認できるなど、職員に気付きを与え次の仕事に効率よく取り組めるよう設計されている。  クラウドサービスのため、インターネットに接続できる環境であればすぐに利用を開始でき、手間を少なく手軽に始めることが可能だ。なお価格は、健診結果報告に特化したライトプランが月額9000円(税別)から。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2018-09-25 00:00:00.0です。

  • サンプル見る

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー