TIS、チーム開発環境をAWS上で迅速に構築できるテンプレートを公開

  • 2018-10-31 00:00:00.0

 TISは10月29日、クラウド基盤「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」上でチーム開発環境を迅速に構築できるテンプレート「Collaborage」を、オープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。  本テンプレートに含まれているのは、ソースコードの履歴を管理するバージョン管理ツールや、タスクや課題の状態や進捗(しんちょく)を管理する課題管理ツール、ビルドやテストの自動化を行うCI(継続的インテグレーション)ツール、開発を円滑に進めるためのチャットツールなどだ。また、アプリケーションデータのバックアップや、ディスク使用率の監視といった、運用面の機能も備えている。  開発チームのメリットとしては、AWSの利用開始後1日(構築4時間+開発準備2時間)で開発を開始できる。スクラム開発を支援するツール(バックログ、かんばんなど)も用意されている。また、CI結果の通知やデモ環境への自動デプロイにより、開発者へ素早くフィードバックできる。  バージョン管理ツールは「GitBucket」または「GitLab」、CIツールは「Jenkins」または「Concourse」、課題管理ツールは「Redmine」などのOSSを採用している。また、チーム開発環境の構築と運用には、「AWS CloudFormation」「Amazon EBSのスナップショット」「Amazon CloudWatch」といったAWSのサービスを活用している。

最新の製品や技術情報をお知らせするイプロスメールマガジン

次回の更新予定は 2019-01-23 00:00:00.0です。

  • サンプル見る

閲覧履歴一覧

閲覧した製品・カタログ・企業などの情報が自動的にここに表示されて、また見たい時に便利です。

キーマンインタビュー