【セミナー 5/17】プラスチック成形品,フィルムにおける残留応力歪み発生メカニズムとアニール処理による対策・

最終更新日:2018-03-14 15:49:14.0

株式会社技術情報協会

  • 開催地:東京都

■セミナーのポイント
★高い圧力で金型に押し込められた状態から冷却されるために残る歪み(残留応力)発生の理解と考え方

★「厚み,形状,素材の分子構造」との相関性,「アニール処理の3要素(張力,温度,滞留時間)」の調整テクニック





■講師
【第1部】群馬大学 大学院工学研究科 生産システム工学専攻 専攻長 教授 工学博士  黒田 真一 氏

【第2部】本間技術士事務所 所長 技術士(化学部門) 本間 精一 氏

【第3部】(株)ラボ 大村研究所 所長 竹内 光 氏

【第4部】JFEテクノリサーチ(株) 計測・プロセスソリューション本部 計測・可視化解析センター センター長   藤本 幸二 氏


プログラムは「詳細・申し込みページへ」または「関連資料」をご参照ください

開催日時 2018年05月17日(木)
10:30 ~ 16:45
会場 [東京・五反田] 日幸五反田ビル8F 技術情報協会 セミナールーム
参加費 有料

関連製品

【セミナー 5/17】プラスチック成形品,フィルムにおける残留応詳細

★高い圧力で金型に押し込められた状態から冷却されるために残る歪み(残留応力)発生の理解と考え方

★「厚み,形状,素材の分子構造」との相関性,「アニール処理の3要素(張力,温度,滞留時間)」の調整テクニック ★アニール処理で除去できない歪みとは?    アニール処理が災いして起こる不具合とは?   アニール処理で陥りやすい失敗例とは?

関連カタログ

【セミナー 5/17】プラスチック成形品,フィルムにおける残留応力・歪み発生メカニズムとアニール処理による対策詳細

★高い圧力で金型に押し込められた状態から冷却されるために残る歪み(残留応力)発生の理解と考え方  

■ 講師 【第1部】群馬大学 大学院工学研究科 生産システム工学専攻 専攻長 教授 工学博士  黒田 真一 氏 【第2部】本間技術士事務所 所長 技術士(化学部門) 本間 精一 氏 【第3部】(株)ラボ 大村研究所 所長 竹内 光 氏 【第4部】JFEテクノリサーチ(株) 計測・プロセスソリューション本部 計測・可視化解析センター センター長 藤本 幸二 氏 …

取扱会社

株式会社技術情報協会

エレクトロニクス、メディカル、化学、環境等の技術分野にて、技術の伝承や基礎教育における情報発信機関として、全国の技術者・研究者を支援しております。

【セミナー 5/17】プラスチック成形品,フィルムにおける残留応力歪み発生メカニズムとアニール処理による対策・ へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社技術情報協会

あなたが探している「ニュース:セミナー・イベント」の情報を見る

【セミナー 5/17】プラスチック成形品,フィルムにおける残留応力歪み発生メカニズムとアニール処理による対策・  と関連するおすすめ情報


  • 遅延わずか3ms 赤外線ワイヤレスマイクの代替に!業務用カラオケマイクシステム 5GHzデジタルコードレスマイクロホン
  • 設計から出荷まで一括対応 製缶製品の製造・加工は蔦木にお任せ

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー