第22回機械要素技術展に出展いたします。【センターレス・アルミ材】

最終更新日:2018-05-07 13:24:37.0

橋永金属株式会社

  • 開催地:

弊社は第22回機械要素技術展に出展いたします。
下記詳細です。

   『 第22回 機械要素技術展 “M-Tech”』
・開催期間 : 2018年6月20日(水)・21日(木)・22日(金)
・開場時間 : 10時~18時 (最終日22日は17時閉場
・開催地: 東京ビッグサイト 東・西ホール
・小間番号: 東4ホール 東77-36

ご来場の際は、ぜひ弊社ブースにお立ち寄り下さい。
皆様のご来場お待ち申し上げております。

開催日時 2018年06月20日(水) ~ 2018年06月22日(金)
会場 開催地: 東京ビッグサイト 東・西ホール
小間番号: 東4ホール 東77-36
参加費 無料

関連製品

アルミセンターレス研削材料 センターレス研削及び曲がりについて詳細

円筒状の材料を加工するために考案された加工法です。

センターレス研削(研磨)は円筒状の材料を加工するために考案された加工法です。回転する二つの磁石とその間にある固定された支持刃(ブレード)で材料を広範囲に支えるため、センター支持の必要がなく高剛性、高能率、高精度の加工を実現する優れた方法です。橋永金属株式会社ではスルフィード研削(研磨)により長尺材の加工を専門に行っております。曲がりにつきましては、二次元の曲がりと三次元の曲がりがあり、一般的な棒材…

アルミセンターレス研削(研磨)材料 製品紹介及びメリット詳細

お客様のニーズにお応えする、アルミセンターレス研削(研磨)材料

橋永金属株式会社のアルミセンターレス研削(研磨)材料は、お客様のセンターレス材に対するニーズとして「長尺材料の全長に渡り寸法制度の優れた材料」・「曲がり精度の優れた材料」・「ロット間のバラつきのない材料」・「表面肌の優れた材料」・「安定した品質と供給体制」などの特徴があります。アルミセンターレス研削(研磨)の問題点として「らせんキズがつきやすい」・「素材の曲がりの影響が残ってしまう」・「研削(研磨…

アルミ材料の丸棒加工『アルミセンターレス研削』※事例掲載あり!詳細

押出材・引抜材と比べ、外径のバラつきが少なく素材の曲がりも低減!在庫豊富で短納期に対応可能です!

「センターレス研削」とは円筒状の材料を加工するための加工法でセンター支持の必要がないため、 長尺材料、パイプ材、切削加工品の加工ができ、加工機を選びません。外径精度、真円度、真直度に優れ、高精度な材料に仕上げます。 曲がり検査装置、マイクロメーターなど多彩な検査機器を自社で保有しておりますので、お客様側での材料検査は不要です。 また、お客様の手元に高精度でお届けするために、添え木梱包を始め4…

取扱会社

橋永金属株式会社

<非鉄金属材料及び加工品の販売> 素材: 銅 黄銅 リン青銅 洋白 ベリリウム銅 チタン銅 アルミ二ウム  ステンレス ニッケル合金 特殊鋼 磁性材 加工品:センターレス加工 各種めっき(鉛フリー錫・錫リフロー・金・銀) 精密スリット 鍛造 切削 精密プレス

第22回機械要素技術展に出展いたします。【センターレス・アルミ材】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

橋永金属株式会社

あなたが探している「ニュース:セミナー・イベント」の情報を見る

  • 2018-06-25 00:00:00.0
  • 株式会社矢野経済研究所NEW
  • 2018-06-25 00:00:00.0
  • 株式会社三進製作所NEW
  • 2018-06-25 00:00:00.0
  • 太陽工業株式会社 国土環境エンジニアリングカンパニー/太陽工業ジオテクノサービス株式会社NEW

第22回機械要素技術展に出展いたします。【センターレス・アルミ材】 と関連するおすすめ情報


  • 確かな品質の製品を納得の価格でご提供 電子部品・消耗品・計測器など約42,000点ラインアップ
  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全80,000品

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー