イノディスク・ジャパン株式会社 ロゴイノディスク・ジャパン株式会社

最終更新日:2018-05-23 10:46:54.0

  • 企業ニュース
  •  

掲載開始日:2018-05-22 00:00:00.0

Innodisk、SSDの高温時のデータ保持に関する課題を解決

Computex2018

  • Computex2018

iRetention

  • iRetention

フラッシュメモリは不揮発性のストレージメディアです。つまり、SSD(Solid State Drive)上のデータは電源を必要とすることなく保持されます。しかしながら、データの損失や劣化に繋がるいくつかの要因も存在します。

データ保持時間:温度&P/Eサイクル
高温と頻繁なプログラム(書込)/消去(P/E)サイクルは、両者ともデータ保持に重大な影響を与える可能性があります。フラッシュ内の全てのセルはバイナリ(2進)値 (例えば01,10など) を表す負の電荷をもっています。これらのセルは一般的にはこの電荷を保持するのに非常に優れていますが、いまは電荷の一部が漏れてしまっています。エラー訂正コードは、通常これを取り出して問題を解決するのに非常に優れています。

しかし、高温環境下では漏れの速度が速くなってしまいます。テストによると、標準のMLCフラッシュのデータ保持は40℃から85℃に移行すると168倍減少することが示されています。

.......For more information, please refer to the PDF file.

取扱会社

イノディスク・ジャパン株式会社

産業用・組込み製品の企画・開発・製造・販売 ■NANDフラッシュストレージ  (2.5" SSD, mSATA, M.2, CFast, SATA Slim, SATADOM)   ■DRAMモジュール  (DDR1, DDR2, DDR3, DDR4モジュール) ■組込み拡張モジュール  (通信, ストレージ(RAID), モニタ, その他テストツール)

Innodisk、SSDの高温時のデータ保持に関する課題を解決 へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

イノディスク・ジャパン株式会社

あなたが探している「ニュース:企業ニュース」の情報を見る

  • 2018-08-10 00:00:00.0
  • 東洋電装株式会社NEW
  • 2018-08-10 00:00:00.0
  • 株式会社テクノア 岐阜本社 東京本部 大阪支店 九州支店NEW
  • 2018-08-09 00:00:00.0
  • エコフューチャー株式会社NEW

Innodisk、SSDの高温時のデータ保持に関する課題を解決  と関連するおすすめ情報


キーマンインタビュー