ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社 ロゴティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社(TAInstruments)

最終更新日:2018-07-09 09:35:32.0

  • 企業ニュース
  •  

掲載開始日:2018-07-09 00:00:00.0

7月27日(金)2社合同企画!医薬品セミナー

昭光サイエンス株式会社と合同にて、4名の先生方をお招きし、バイオ医薬品に関するセミナーを企画致しました。皆様のご参加、お待ちしております。
10:05 ~11:05 東京大学 教授 津本 浩平 先生/准教授 長門石 曉 先生
【演題】合理的な抗体設計を目指した蛋白質相互作用に関する物理化学解析
11:10 ~11:50 ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社 麻見 安雄
【演題】マイクロカロリメトリーのバイオ医薬応用
13:00 ~14:00 星薬科大学 教授 米持 悦生 先生
【演題】 凍結乾燥製剤の設計のための評価技術
14:05 ~15:05 東京工業大学 名誉教授 有坂 文雄 先生
【演題】 静的光散乱法および超遠心分析による蛋白質の性状および相互作用解析
15:30 ~16:30 大阪大学 特任教授 長谷川 淳 先生
【演題】 バイオ医薬品の物性解析 研究初期フェーズにおいて考慮するべきこと
16:35 ~17:15 昭光サイエンス株式会社 鶴田 英一
【演題】 バイオ医薬品の評価に役立つ次世代光散乱装置の紹介

               

関連情報

昭光サイエンス株式会社と合同にて、4名の先生方をお招きし、バイオ医薬品に関するセミナーを企画致しました。近年、競争化が激化し、最も注目されているバイオ医薬品。安定した分析技術の開発も求められ、バイオ製造プロセスの複雑さにより製造には多くの技術を要します。本セミナーでは、バイオ医薬品分析に有効なシステム、アプリケーション、トータル的なソリューションをご提供します。

関連製品

等温滴定熱量計『Affinity ITC』詳細

等温滴定熱量計『Affinity ITC』 製品画像

高い信頼性を提供!幅広い分子間相互作用の測定のための優れたツール

『Affinity ITC』は、高感度、高再現性、そしてより高度なITCテクノロジーを 必要とするライフサイエンスのラボ用に設計された等温滴定熱量計です。 当社の高品質のITCデータを保証することで測定のすべての重要な局面に 優れた技術を提供します。 また、強力な制御用ソフト”ITCRun”と、測定の最適化、モデルフィッティング、 バッチ解析、グラフ作成、データエクスポートなど多…

微少熱量測定装置『TAM IV』詳細

微少熱量測定装置『TAM IV』 製品画像

他の技術では検知が難しい圧力も測定!幅広い実験機能を実現する熱量測定装置

『TAM IV』は、普遍的な熱信号と、それにより任意のプロセスの定量的な 熱力学および速度論的観察を直接測定できる、高感度で、 安定かつ柔軟なマイクロカロリメータシステムです。 より応答性の高い温度制御で、迅速な熱平衡と実際の低温保存条件のために 拡張された4~150 ℃の温度範囲での制御が可能。数時間から数日、数週間まで 継続する実験においても正確なヒートフロー測定のための優れた安…

Nano DSC-示差走査熱量計(マイクロカロリメータ)詳細

Nano DSC-示差走査熱量計(マイクロカロリメータ) 製品画像

生体高分子の物性評価のために

生体試料を研究するために特化し、最高の感度と優れた操作性をご提供いたします。 Nano DSCは、熱的安定性、タンパク質の熱容量、希薄溶液中の他の高分子を計測するためにリガンドとの結合実験および圧力摂動熱量測定ができるよう設計されています。

NanoITC-等温滴定熱量計(マイクロカロリメータ)詳細

NanoITC-等温滴定熱量計(マイクロカロリメータ) 製品画像

分子間相互作用の研究のために

TA インスツルメントのNanoITCは、入手が困難で精製された希薄な生体試料の結合研究と動力学研究に特化して設計されています。Nano ITCによって、生体高分子の1ナノモルまたはそれ以下の試料量で100nJ ないしはそれ以下の熱の変化を検出することが可能です。

技術資料『熱可塑性・熱硬化性樹脂の特性解析』詳細

技術資料『熱可塑性・熱硬化性樹脂の特性解析』 製品画像

DSC(示差走査熱量計)、DMA(動的粘弾性測定装置)等による熱特性解析について分かりやすく解説。各種装置のご紹介も収録

当社は、熱分析・レオロジー・マイクロカロリメトリー・力学解析の 各種装置の開発と販売を手掛けており、世界で多数の導入実績を誇ります。 ただいま、熱可塑性樹脂・熱硬化性樹脂の特性解析に用いられる代表的な DSC、MDSC、DMA等について簡単に解説した「技術資料」を進呈中です! 【掲載概要】 ・CFRTP(炭素繊維-熱可塑性樹脂)の熱アニールの影響 ・Modulated DSCに…

技術資料進呈!『熱分析、DSCの応用事例』詳細

技術資料進呈!『熱分析、DSCの応用事例』 製品画像

熱分析装置『DSC』を用いた物質のキャラクタリゼーションについて詳しく解説。

熱分析は成熟した分析手段と考えられていますが、最近の示差走査熱量計(DSC)の進展により、 研究者に新たな強い関心を引き起こしています。 これにはTzero DSCおよびモジュレイテッドDSC(MDSC)の発展があり、感度、 分解能および複雑な転移の分離などの重要な領域を大きく改善しています。 『熱分析、DSC の応用事例』では、 1)非晶質構造のガラス転移や非晶質を含む結晶性化合物…

熱分析装置/示差走査熱量計 『DSCシリーズ』詳細

熱分析装置/示差走査熱量計 『DSCシリーズ』 製品画像

ベースライン安定性・分解能・感度が大幅UP!“DSCの応用例”を徹底解説した技術資料進呈

『DSCシリーズ』は、材料における温度遷移と関連する 温度・ヒートフローを測定する示差走査熱量計(DSC)です。 特許取得のテクノロジーを搭載したFusion Cell技術により、ベースライン安定性、 感度、分解能、再現性、信頼性で優れた性能を提供。また、優れたDSC性能と一回の実行で 比熱容量測定と保存を行う機能を備えた独自のT4PTzeroヒートフローテクノロジーを採用しています。…

熱分析装置/熱重量測定装置 『TGAシリーズ』詳細

熱分析装置/熱重量測定装置 『TGAシリーズ』 製品画像

特許取得のバランスシステムで、純粋なリアルタイム重量データ取得が可能に!

『TGAシリーズ』は、ベースライン補正や他の試験後マニピュレーションを 行わずに最適な性能を実現可能な熱重量測定装置です。 当製品の主要部には、特許取得済みの「Tru-Mass Balance」が搭載されており、 重量ドリフトおよび感度において優れた性能を発揮します。 当シリーズは、要件の厳しい用途にも対応可能な『TGA 5500』をはじめ、 高度なオプションと構成の柔軟性を備え…

熱分析/示差熱-熱重量同時測定装置 TG-DTA/DSCシリーズ詳細

熱分析/示差熱-熱重量同時測定装置 TG-DTA/DSCシリーズ 製品画像

広い温度範囲で、同じ試料の重量変化とヒートフローを同時に測定できる熱分析装置

『TG-DTA/DSCシリーズ』は、室温から1500℃までの範囲で同じサンプルの 重量変化(TGA)と、ヒートフロー(DSC)を同時に測定する装置です。 ビームの伸び自動補償付のデュアルビーム方式で精度の高い TGAとDSC測定が可能になります。 また、広い温度範囲で質の高い結果を得ることができ、 高い能力と簡単な操作性であらゆる研究分野に役立ちます。 【特長】 ■優れた…

関連カタログ

熱分析装置/熱重量測定装置 『TGAシリーズ』詳細

熱分析装置/熱重量測定装置 『TGAシリーズ』 表紙画像

特許取得のバランスシステムで、純粋なリアルタイム重量データ取得が可能に!

『TGAシリーズ』は、ベースライン補正や他の試験後マニピュレーションを 行わずに最適な性能を実現可能な熱重量測定装置です。 当製品の主要部には、特許取得済みの「Tru-Mass Balance」が搭載されており、 重量ドリフトおよび感度において優れた性能を発揮します。 当シリーズは、要件の厳しい用途にも対応可能な『TGA 5500』をはじめ、 高度なオプションと構成の柔軟性を備え…

等温熱量測定装置『TAM IV』詳細

等温熱量測定装置『TAM IV』 表紙画像

他の技術では検知できない圧力を測定!幅広い実験機能を実現する熱量測定装置

『TAM IV』は、普遍的な熱信号と、それにより任意のプロセスの定量的な 熱力学および速度論的観察を直接測定できる、高感度で、 安定かつ柔軟なマイクロカロリメータシステムです。 より応答性の高い温度制御で、迅速な熱平衡と実際の低温保存条件のために 拡張された4~150 ℃の温度範囲での制御が可能。数時間から数日、数週間まで 継続する実験においても正確なヒートフロー測定のための優れた安…

等温滴定熱量計『Affinity ITC』詳細

等温滴定熱量計『Affinity ITC』 表紙画像

高い信頼性を提供!幅広い分子間相互作用の測定のための優れたツール

『Affinity ITC』は、高感度、高再現性、そしてより高度なITCテクノロジーを 必要とするライフサイエンスのラボ用に設計された等温滴定熱量計です。 当社の高品質のITCデータを保証することで測定のすべての重要な局面に 優れた技術を提供します。 また、強力な制御用ソフト”ITCRun”と、測定の最適化、モデルフィッティング、 バッチ解析、グラフ作成、データエクスポートなど多…

技術資料『熱可塑性・熱硬化性樹脂の特性解析』詳細

技術資料『熱可塑性・熱硬化性樹脂の特性解析』 表紙画像

DSC(示差走査熱量計)、DMA(動的粘弾性測定装置)等による熱特性解析について分かりやすく解説。各種装置のご紹介も収録

当社は、熱分析・レオロジー・マイクロカロリメトリー・力学解析の 各種装置の開発と販売を手掛けており、世界で多数の導入実績を誇ります。 ただいま、熱可塑性樹脂・熱硬化性樹脂の特性解析に用いられる代表的な DSC、MDSC、DMA等について簡単に解説した「技術資料」を進呈中です! 【掲載概要】 ・CFRTP(炭素繊維-熱可塑性樹脂)の熱アニールの影響 ・Modulated DSCに…

サンプル測定承ります!詳細

サンプル測定承ります! 表紙画像

ティー・エイ・インスツルメントは熱分析・レオロジー・マイクロカロリメトリーと力学解析のワールドリーダーです。

ティー・エイ・インスツルメントは熱分析・レオロジー・マイクロカロリメトリーと力学解析のワールドリーダーです。 東京・大阪にラボがあり、サンプル測定を承っております。 どのような装置があるの?どのようなサンプルを測定できるの? 一度ラボにお越しください! 大阪ラボはこの春リニューアルされ、よりよい環境でサンプル測定できます。 お気軽にお問い合わせください。

【技術資料】硬化と反応の特性解析詳細

【技術資料】硬化と反応の特性解析 表紙画像

硬化と反応の特性解析

◆エポキシ系接着剤の硬化過程のリアルタイム計測 ◆レオロジー測定による感圧接着剤(PSA)のUV硬化分析 ◆フォトカロリメータによる接着剤の光硬化分析 ◆Modulated DSCを用いたエポキシ樹脂の硬化解析

熱分析でみるProcess&Product詳細

熱分析でみるProcess&Product 表紙画像

熱分析で見るProcess&Product ~樹脂・複合材料・フィルムの分析事例~

◆CFRTP(炭素繊維-熱可塑性樹脂)の熱アニールの影響 ◆MDSCによるエポキシのガラス転移と硬化解析 ◆ポリ塩化ビニルにおける可塑剤添加量の影響

熱分析装置/示差走査熱量計 『DSCシリーズ』詳細

熱分析装置/示差走査熱量計 『DSCシリーズ』 表紙画像

ベースラインの平坦性、遷移の分解能、感度が大幅UP!高品質の示差走査熱量計

『DSCシリーズ』は、材料における温度遷移と関連する熱温度と熱流を 測定する示差走査熱量計です。 特許取得のテクノロジーを搭載したFusion Cell技術により、ベースラインの平坦度、 感度、分解能、再現性、信頼性で優れた性能を提供。また、優れたDSC性能と一回の実行で 比熱容量測定と保存を行う機能を備えた独自のT4P Tzero熱流テクノロジーを採用しています。 画期的な“ア…

熱分析/示差熱-熱重量同時測定装置 TG-DTA/DSCシリーズ詳細

熱分析/示差熱-熱重量同時測定装置 TG-DTA/DSCシリーズ 表紙画像

広い温度範囲で、同じ試料の重量変化とヒートフローを同時に測定できる熱分析装置

『TG-DTA/DSCシリーズ』は、室温から1500℃までの範囲で同じサンプルの 重量変化(TGA)と、ヒートフロー(DSC)を同時に測定する装置です。 ビームの伸び自動補償付のデュアルビーム方式で精度の高い TGAとDSC測定が可能になります。 また、広い温度範囲で質の高い結果を得ることができ、 高い能力と簡単な操作性であらゆる研究分野に役立ちます。 【特長】 ■優れた…

7月27日(金)2社合同企画!医薬品セミナーへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社 (TAInstruments)

あなたが探している「ニュース:企業ニュース」の情報を見る

7月27日(金)2社合同企画!医薬品セミナー と関連するおすすめ情報


キーマンインタビュー