6月21日~22日 プラスチック成形加工学会年次大会に参加致します

最終更新日:2018-06-13 10:34:38.0

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社(TAInstruments)の会社ロゴ画像です

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社

  • 開催地:東京都

6月21日~22日 タワーホール船堀において開催されるプラスチック成形加工学会年次大会に参加致します。
本大会は全国から1000名を越えるプラスチック成形加工に関わる技術者、研究者が一堂に会して討論し、情報交換、相互交流を図る大変貴重な機会となっております。

開催日時 2018年06月21日(木) ~ 2018年06月22日(金)
10:00 ~ 17:00
会場 タワーホール船堀(〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1)
Web: www.towerhall.jp/4access/access.html
参加費 有料

関連製品

技術資料『熱可塑性・熱硬化性樹脂の特性解析』詳細

DSC(示差走査熱量計)、DMA(動的粘弾性測定装置)等による熱特性解析について分かりやすく解説。各種装置のご紹介も収録

当社は、熱分析・レオロジー・マイクロカロリメトリー・力学解析の 各種装置の開発と販売を手掛けており、世界で多数の導入実績を誇ります。 ただいま、熱可塑性樹脂・熱硬化性樹脂の特性解析に用いられる代表的な DSC、MDSC、DMA等について簡単に解説した「技術資料」を進呈中です! 【掲載概要】 ・CFRTP(炭素繊維-熱可塑性樹脂)の熱アニールの影響 ・Modulated DSCに…

【セミナー資料進呈】ゴム物性評価レオロジーセミナー詳細

満員御礼!只今、大好評のセミナー資料をプレゼント中!『テーマ:LAOS領域で現れる非線形粘弾性の物性評価法とゴム材料への応用』

今までのゴムの粘弾性測定は線形領域(微小変形)の解析が主体でしたが、実際にゴムは大変形の振る舞いで利用することが多いのが世の中の現実です。 たとえば、車のタイヤが止まるときやボールが弾むときも大変形の挙動です。 今回は、ゴムポリマーおよび化合物におけるレオロジー測定の基礎と応用のセミナーを開催致しました! 登壇者:神奈川産業技術総合研究所 津留崎様、武田様、TAinstrumentsコン…

動的粘弾性測定装置『ARES-G2』詳細

応力と歪の独立した測定が可能!優れた機能を備えた動的粘弾性測定装置

『ARES-G2』は、研究や材料開発のための先進的な回転式レオメータです。  独立した剪断応力および通常の応力測定のための変形制御、 トルクリバランストランスデューサー (TRT)、フォースリバランストランスデューサー (FRT) の 専用アクチュエーターを備えています。 幅広い応力、歪、周波数にわたり装置起因の影響のない測定が可能です。 【特長】 ■優れたデータ精度 ■…

粘弾性測定装置『RSA-G2』詳細

研究開発から品質管理まで幅広いアプリケーションに対応可能な粘弾性測定装置

『RSA-G2』は、固体の粘弾性分析において、抜群の性能を有する測定装置です。 モーターとトランスデューサーを分離させる当製品は、独立した変形制御と 応力測定を通して、純粋な機械的分析データを保証します。 また、正確なDMA測定値を提供するほか、クリープ/リカバリー、応力緩和、歪一定、 疲労試験などの様々な測定が可能です。また、誘電測定装置(DETA)として、 独立測定や誘電測定…

ゴム試験機動的粘弾性装置『RPA』詳細

利用可能な再現性のあるデータの測定技術を備えたゴム試験システム

『RPA』は、正確で信頼性が高く、再現性のあるデータが利用できる 測定技術を備えたゴム試験システムです。 オートメーションシステムが利用可能なため、すべてのテスト環境において、 無人ラボの生産性が最大限に可能となります。また、関連するASTM、DINおよび ISO基準を満たしているので、品質管理、分析及びリサーチに最適です。 当社では、データの非常に高い正確度と再現性を実現する「…

レオメータ『DHR』詳細

特許取得済み計測技術を採用!レオロジーの特性解析を改善するレオメータ

レオメータ『DHR』は、周辺の環境を制御し、力、歪み、および歪み率の 幅広い範囲にわたり測定を行います。 当社では、高感度レオメーターであるHR-3から汎用のHR-1まで、 感度と能力のニーズに合わせて3種類のモデルをラインアップ。 当製品は、あらゆる性能や仕様を改善し、正確な歪、歪速度、応力制御、 ノーマルフォースを実現しているほか、当社の技術革新である特許取得済の Smar…

関連カタログ

技術資料『熱可塑性・熱硬化性樹脂の特性解析』詳細

DSC(示差走査熱量計)、DMA(動的粘弾性測定装置)等による熱特性解析について分かりやすく解説。各種装置のご紹介も収録

当社は、熱分析・レオロジー・マイクロカロリメトリー・力学解析の 各種装置の開発と販売を手掛けており、世界で多数の導入実績を誇ります。 ただいま、熱可塑性樹脂・熱硬化性樹脂の特性解析に用いられる代表的な DSC、MDSC、DMA等について簡単に解説した「技術資料」を進呈中です! 【掲載概要】 ・CFRTP(炭素繊維-熱可塑性樹脂)の熱アニールの影響 ・Modulated DSCに…

高荷重DMA/疲労試験 Electroforce DMA 3200詳細

数十年に及ぶ実績に基づいた最新の疲労試験と世界をリードする動的機械分析技術を汎用性の高い試験プラットフォームに融合させました。

特徴と利点 ・特許取得済みのリニアモーターと高分解能変位センサーが、幅広い荷重、変位および周波数に対する制御によって、優れたデータを実現 ・10年保証付きの非常に耐久性のある、摩擦のないモーターにより、メンテナンス不要で安心な操作が可能 ・500Nという高荷重により、DMAと疲労分析においてより高い荷重レベルを実現することで、実際の条件下でより大きなサンプルや最終品の試験が可能 ・フォース…

【技術資料】硬化と反応の特性解析詳細

硬化と反応の特性解析

◆エポキシ系接着剤の硬化過程のリアルタイム計測 ◆レオロジー測定による感圧接着剤(PSA)のUV硬化分析 ◆フォトカロリメータによる接着剤の光硬化分析 ◆Modulated DSCを用いたエポキシ樹脂の硬化解析

レオロジーでみるProcess&Product詳細

レオロジーでみるProcess&Product

◆フローカーブ/定常流測定から得られる情報 ◆樹脂のガラス転移温度決定法 ◆エポキシの硬化過程のリアルタイム計測

ゴム試験機動的粘弾性装置『RPA』詳細

利用可能な再現性のあるデータの測定技術を備えたゴム試験システム

『RPA』は、正確で信頼性が高く、再現性のあるデータが利用できる 測定技術を備えたゴム試験システムです。 オートメーションシステムが利用可能なため、すべてのテスト環境において、 無人ラボの生産性が最大限に可能となります。また、関連するASTM、DINおよび ISO基準を満たしているので、品質管理、分析及びリサーチに最適です。 当社では、データの非常に高い正確度と再現性を実現する「…

動的粘弾性測定装置『ARES-G2』詳細

応力と歪の独立した測定が可能!優れた機能を備えた動的粘弾性測定装置

『ARES-G2』は、研究や材料開発のための先進的な回転式レオメータです。  独立した剪断応力および通常の応力測定のための変形制御、 トルクリバランストランスデューサー (TRT)、フォースリバランストランスデューサー (FRT) の 専用アクチュエーターを備えています。 幅広い応力、歪、周波数にわたり装置起因の影響のない測定が可能です。 【特長】 ■優れたデータ精度 ■…

レオメータ『DHR』詳細

特許取得済み計測技術を採用!レオロジーの特性解析を改善するレオメータ

レオメータ『DHR』は、周辺の環境を制御し、力、歪み、および歪み率の 幅広い範囲にわたり測定を行います。 当社では、高感度レオメーターであるHR-3から汎用のHR-1まで、 感度と能力のニーズに合わせて3種類のモデルをラインアップ。 当製品は、あらゆる性能や仕様を改善し、正確な歪、歪速度、応力制御、 ノーマルフォースを実現しているほか、当社の技術革新である特許取得済の Smar…

粘弾性測定装置『RSA-G2』詳細

研究開発から品質管理まで幅広いアプリケーションに対応可能な粘弾性測定装置

『RSA-G2』は、固体の粘弾性分析において、抜群の性能を有する測定装置です。 モーターとトランスデューサーを分離させる当製品は、独立した変形制御と 応力測定を通して、純粋な機械的分析データを保証します。 また、正確なDMA測定値を提供するほか、クリープ/リカバリー、応力緩和、歪一定、 疲労試験などの様々な測定が可能です。また、誘電測定装置(DETA)として、 独立測定や誘電測定…

6月21日~22日 プラスチック成形加工学会年次大会に参加致しますへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社 (TAInstruments)

あなたが探している「ニュース:セミナー・イベント」の情報を見る

6月21日~22日 プラスチック成形加工学会年次大会に参加致します と関連するおすすめ情報


  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全80,000品
  • 確かな品質の製品を納得の価格でご提供 電子部品・消耗品・計測器など約42,000点ラインアップ

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー