オーディーユージャパン株式会社(ODU) ロゴオーディーユージャパン株式会社(ODU)

最終更新日:2018-06-14 11:39:34.0

  • 製品ニュース
  •  

掲載開始日:2018-06-14 00:00:00.0

ODU-MACに新たな大電流モジュールが加わりました

New high-current module

  • New high-current module

今日、E-モビリティ分野およびその充電技術、そして試験・測定分野において、大電流アプリケーションがこれまで以上に重要になってきています。そのため、ODUはODU-MAC Blue-Lineのラインアップに新しい大電流モジュールを加えました。

このモジュールのコンタクト径は12 mmで、225 Aまでの負荷電流、1000ボルト(汚染度3)の動作電圧まで使用することが可能です。コンタクトはねじ止めによって組み合わされた2つの部品から構成されているため、嵌合側からコンタクトを交換することが簡単です。圧着タイプ25、35、50 mm² をご用意しています。

ODU-MAC Blue-Lineの詳細は以下の製品ページをご覧ください。
https://www.odu.co.jp/blue-line/

関連情報

製品詳細ページ

関連製品

モジュール式コネクタ ODU-MAC Blue-Line詳細

モジュール式コネクタ ODU-MAC Blue-Line 製品画像

必要な伝送モジュールを組合せて一つのコネクタに集約 モジュールの着脱がクリップイン式で簡単、工具の必要なし お求めやすい価格で

ODU-MAC Blue-Lineは、豊富な種類のモジュールを1つのコネクタに組み込むことができるコネクタです。モジュールは、信号、大電流、同軸といった様々な媒体からお選び頂けます。 モジュールの取付け・取外しは工具なしで簡単に行うことができ、特殊なコーディング機能によって誤嵌合を防ぎます。さらに、コンタクトを嵌合面から交換できることもODU-MAC Blue-Lineの特長の一つです。 …

モジュール式角型コネクタ『ODU-MAC』※製品動画あり詳細

モジュール式角型コネクタ『ODU-MAC』※製品動画あり 製品画像

それぞれの接続をスマートなやり方で!自動着脱に適したオールラウンダー

『ODU-MAC』は、様々なアプリケーションに個別のインターフェースを 構築できるモジュラーシステムのモジュール式角型コネクタです。 固定フレームに取付けてラックアンドパネルとして使用したり、 自動着脱での使用、または堅牢なハウジングに入れての使用も可能です。 自動着脱タイプの「Silver-Line」、手動着脱タイプの「White-Line」、 高パフォーマンスでお求めやすくな…

コンパクトモジュール式コネクタシステム『ODU-MAC』詳細

コンパクトモジュール式コネクタシステム『ODU-MAC』 製品画像

多種多様なアプリケーション向け!産業、医療テクノロジー分野に最適なコネクタ

『ODU-MAC』は、フレキシブルなモジュール設計により、 さまざまなタイプの伝送素子を一つのコネクタに納めることが 可能なコネクタです。 信号、電力、高電流、高電圧、同軸、高速データ伝送、光ファイバー、 そして空気または流体のような媒体全てをモジュールから選ぶことができ、一つのコネクタに統合することができます。 6種類のドッキングフレームは、個別に長さの設定が可能です。 自動…

関連カタログ

取扱会社

オーディーユージャパン株式会社(ODU)

電気コネクタおよびその他電子部品の輸入・販売・サービス

ODU-MACに新たな大電流モジュールが加わりましたへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

オーディーユージャパン株式会社(ODU)

あなたが探している「ニュース:製品ニュース」の情報を見る

  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • エー・エム・プロダクツ株式会社
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 株式会社ヒサワ技研
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 星和電機株式会社
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 星和電機株式会社

キーマンインタビュー