日本エスケイエフ株式会社 ロゴ日本エスケイエフ株式会社

最終更新日:2018-07-10 09:52:30.0

  • 企業ニュース
  •  

掲載開始日:2018-07-10 00:00:00.0

「インダストリー4.0」時代のパワートレイン電動化。SKFとローマックス・テクノロジーが第1回eDSIM会議を呼びかけ。

生産プロセスの包括的なデジタル化は、乗用車や商用車のパワートレインの電化の増加と同じくらい速く進んでいます。 高効率な電気ドライブトレインを開発するためのパワフルなソフトウェアの可能性を探るため、SKFとローマックス・テクノロジー (Romax Technology) は第1回となるドライブライン・シミュレーション(Driveline SIMulation (eDSIM))会議を主催します。

SKFとローマックス・テクノロジーは数十年にわたって、製品開発および顧客固有の革新的なプロジェクトを進めるためのパワフルなソフトウェアの開発・実装に携わってきました。 そして両社とも、洗練されたドライブトレイン再現シミュレーションプログラムを顧客に提供しています。このようなシミュレーションプログラムでは、部品を個別に扱うことはもちろん、ドライブトレインを完全なシステムとしても扱えるため、あらゆる相互作用を考慮に入れることができます。... (続きは関連情報のリンクからご覧いただけます。)

関連情報

生産プロセスの包括的なデジタル化は、乗用車や商用車のパワートレインの電化の増加と同じくらい速く進んでいます。 高効率な電気ドライブトレインを開発するためのパワフルなソフトウェアの可能性を探るため、SKFとローマックス・テクノロジー (Romax Technology) は第1回となるドライブライン・シミュレーション(Driveline SIMulation (eDSIM))会議を主催します。

取扱会社

日本エスケイエフ株式会社

SKFは、世界の軸受市場におけるリーディング・カンパニーです。スウェーデンに本社を置き1907年(明治40年)に創業、また、日本支社である日本エスケイエフは昭和7年に創業しました。 弊社では、継続的に新しい技術開発を行うことでお客様の競争力向上に貢献する製品作りに役立てています。 40以上の産業において「ベアリングとユニット」「シール」「メカトロニクス」「サービス」「潤滑システム」 の知識と経験がございます。 ●ベアリングとユニット:深溝玉軸受から球面ころ軸受、ハウジングなど幅広い転がり軸受を開発・販売しています。 ●シール:自動車用および工業用シールを製作。お客様のご要望に合わせたカスタムシールも製作します。 ●メカトロニクス:ボールねじやローラーねじ、アクチュエータ、磁気軸受などをご用意しています。 ●潤滑システム:様々なグリースやオイルをはじめ、潤滑装置も各種ご用意しています。 ●サービス:状態監視装置や設備診断測定器、またアセットマネジメントなどコンサルティングも行っています。

「インダストリー4.0」時代のパワートレイン電動化。SKFとローマックス・テクノロジーが第1回eDSIM会議を呼びかけ。へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日本エスケイエフ株式会社

あなたが探している「ニュース:企業ニュース」の情報を見る

  • 2018-11-16 00:00:00.0
  • エア・ウォーター・マッハ株式会社NEW
  • 2018-11-16 00:00:00.0
  • 株式会社ウェーブフロントNEW
  • 2018-11-16 00:00:00.0
  • 株式会社カンツール 本社NEW

「インダストリー4.0」時代のパワートレイン電動化。SKFとローマックス・テクノロジーが第1回eDSIM会議を呼びかけ。 と関連するおすすめ情報


キーマンインタビュー