ウシオライティング株式会社 ロゴウシオライティング株式会社

最終更新日:2019-01-11 14:14:42.0

  • 製品ニュース
  •  

掲載開始日:2019-01-11 00:00:00.0

屋内間接照明用LEDテープライト「IN-D TAPELIGHT」販売開始(MAXRAY)

IN-D TAPE LIGHT

  • IN-D TAPE LIGHT

施工事例

  • 施工事例

「IN-D TAPE LIGHT」は、光度の高い LED チップを等間隔に配置させたテープ状の LED 照明器具で、薄型で、ライン状に明るさが確保できるうえ、設置現場で曲げ、連結、カットなどの加工が容易に行えることから、とくに商業施設や店舗での間接照明に重宝されています。
【主な特長】
・曲げ加工が容易(最小曲げ半径 30mm)
・7長い連結が可能(10m、7m)
・現場でのカット加工に対応
・多彩な色温度バリエーション(6色)
【IN-D TAPE LIGHTが提供するソリューション】
・曲げ加工が容易: 曲げによる製品ストレスの軽減策として、継ぎ目ハンダのない 1 枚基板を採用。これにより、 30mm という最小曲げ半径を達成しました。
・長い連結が可能: メュシュ状配線を採用したことで、テープライト自体の電圧降下を抑え、10m(600 lm/m タイプ)まで連結することが可能です。
・現場でのカット加工に対応: 設置現場でのカット加工が容易に行えます。また、コネクタ付き仕様にしているので、結線作業が簡略化でき、施工コストの削減にもつながります。

関連資料

関連情報

ウシオエンターテインメント株式会社の子会社であるウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長:椿 隆二郎、以下「ウシオライティング」)は、マックスレイブランドとして、屋内間接照明用LEDテープライト「IN-D TAPELIGHT(インディテープライト)」を、12月20日(木)から販売開始することを、お知らせします。

関連製品

LED面光源「COOLEDGE TILE」マックスレイ詳細

LED面光源「COOLEDGE TILE」マックスレイ 製品画像

曲面にも取付けできる、"クールエッジタイル"。紙のように薄く、 軽く、目的のサイズに合わせてカットできます。調光、調色も可能です

マックスレイ 「COOLEDGE TILE」 【調色・調光が可能で、色温度は5種類】 天井や壁面、ディスプレイに、平面だけでなく、曲面にも取付けできる、"クールエッジタイル"。紙のように薄く、 軽く、目的のサイズに合わせて、カットできるだけでなく、ワンタッチのスナップコネクターにより、簡単に結線が でき、施工性にも優れた内照照明。 プレミアムタイプは、2700Kから5…

関連カタログ

取扱会社

ウシオライティング株式会社

一般照明、特殊照明・ランプでは、LED電球・ライト、ステージ・スタジオ・演出照明用ランプから、検査・特殊照明用ランプ、投光器、赤外線ヒータ、セキュリティ用赤外線LED照明、植物育成用LED照明などにより、ユーザが必要とする「光」に対して、最適なランプ、光源で応えます。 産業システム・機器では、露光装置をはじめとする「光」を応用した製品、射出成形機、プラスチック関連機器・素材、継手、チューブなど広範なプラスチック関連製品、各種ロボット、自動組み立て機、ストローアプリケータ、外観検査装置などのFA・食品・包装関連システムの販売をつうじて、ユーザが抱える問題に対して、最適なソリューションを提供します。

屋内間接照明用LEDテープライト「IN-D TAPELIGHT」販売開始(MAXRAY) へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ウシオライティング株式会社

あなたが探している「ニュース:製品ニュース」の情報を見る

  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • エー・エム・プロダクツ株式会社
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 株式会社ヒサワ技研
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 星和電機株式会社
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 星和電機株式会社

キーマンインタビュー