『日本の底力発揮、生き残るための基準づくり』【東京】

最終更新日:2019/01/31

大興電子通信株式会社 ロゴ

大興電子通信株式会社

  • 開催地:東京都

190219_日本の底力発揮、生き残るための基準づくり(東京)

  • 190219_日本の底力発揮、生き残るための基準づくり(東京)

超高齢化社会の到来、海外の民族系製造業との競争激化などにより、国内の製造業各社において将来の見通しが難しくなってきています。
当セミナーでは、厳しさを増す受注競争を勝ち抜くために、これから取り組むべき課題解決について旬なキーワードを使ってお話しさせていただきます。

主催:大興電子通信株式会社
共催:株式会社経営システム研究所

【セミナー内容】
♦基調講演 14:00~15:00
「競争力向上と人材創出!業務改革とIT活用の実際」

♦第一部 15:10~15:50
「機械メーカーが取り組むべき生産管理の基準づくり」

♦第二部 15:50~16:30
「AI/IoTを活用した、デジタルビジネスへの転換」

開催日時 2019年02月19日(火)
14:00 ~ 16:50
受付 13:30~
会場 飯田橋グラン・ブルーム 3階 会議室

〒102-0071 東京都千代田区富士見二丁目10番2号

※公共交通機関からのアクセス
・JR「飯田橋」駅 西口より徒歩1分
・東京メトロ 有楽町線・東西線・南北線「飯田橋」駅
 都営 大江戸線「飯田橋」駅
 B2a出口より徒歩2分
 A4出口より徒歩4分
参加費 無料
定員 30名(※事前登録制 応募多数の場合は先着順とさせて頂きます。)

関連製品

個別受注型 生産管理システム『rBOM』詳細

個別受注型 生産管理システム『rBOM』 製品画像

在庫や部品量を社内で一元化し、確認の手間とミスを無くす! 受注生産に最適な生産管理システム

部品や製品の在庫状況は、社内で別々に管理されている場合がほとんど。 しかし、生産管理システム『rBOM』を導入すれば、部品の過不足を常に 把握でき、情報の一元化が可能! 従来のERPシステムの管理よりも、受注生産や多品種の少量生産、 急な仕様変更など、「見込み生産が難しい管理」ほど効果を発揮する 生産管理システムです。 部門間で確認を取る工数が減り、大きな業務効率化が図れます。 …

関連カタログ

取扱会社

大興電子通信株式会社

1.生産管理ソリューション 2.設計ソリューション 3.調達ソリューション 4.内部統制ソリューション

『日本の底力発揮、生き残るための基準づくり』【東京】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

大興電子通信株式会社

あなたが探している「ニュース:セミナー・イベント」の情報を見る


キーマンインタビュー