株式会社IDAJ ロゴ株式会社IDAJ

最終更新日:2019-02-18 16:55:13.0

  • その他・お知らせ
  •  

掲載開始日:2019-03-15 00:00:00.0

【はじめての流体解析】流体解析を業務に適用するとどうなる?

【はじめての最適化】自動化、最適化とは【はじめての流体解析】流体解析を業務に適用するとどうなる?

  • 【はじめての最適化】自動化、最適化とは【はじめての流体解析】流体解析を業務に適用するとどうなる?

流体解析やその他のCAE(Computer Aided Engineering)を、業務に取り入れると、
“設計のプロセス”が変わります。

経験や勘によって目標達成できそうな形状を検討し、試作、実験を繰り返していたプロセスが、
流体解析を使用することで、改善案をコンピュータ上で検討することができ、可能性のある形状を効率良く探ることができます。
経験や勘だけではなく、理論的考察の元で改善案を検討していくことが可能です。

コンピュータの性能が驚くほど向上しています。ソフトウェアも日々進化しており、様々な
物理モデルや計算手法などが取り入れられ、流体解析に対する要求もどんどん高くなっています。

・もっと精度良く計算したい
・もっと詳細な物理現象を考慮して計算したい
・もっと形状を詳細に再現して計算したい
・もっと大空間を計算したい
・しかも、もっと速く計算したい

これら流体解析をはじめとするCAEの技術については、Webサイトや各種セミナー、ICSC(カンファレンス)、
営業担当からの技術情報のご案内など、様々な媒体を通して今後も発信していきたいと思います。

取扱会社

株式会社IDAJ

IDAJのビジネスは、デジタル・エンジニアリングの理想実現のために、CAEを製品設計プロセスの中にシームレスに組み込むためのソリューションを提供することにあります。したがって事業領域は、中心となるCAEそのものと、CADとCAEの橋渡しをする領域、および設計者展開のための領域が対象となります。また、それぞれの領域に関して、以下のようなコンセプトを持ってビジネスを展開しています。 ■CAE領域 お客様が抱えるさまざまな課題解決に、最適なプロダクト群とコンサルティング技術のインテグレートでお応えします。 ■CADとCAEの橋渡しをする領域 解析実施にあたって、設計データから計算実行・結果処理までのプロセスを検証し、プロセスを効率化するための最適なプロダクト群とその利用方法をご提案します。 ■設計者展開のための領域 工数が短縮される最適なプロセス設計、精度の良い計算手法・ノウハウをシステムに組み込み、CAEの専門家でなくても設計業務にCAEをツールとして活用できるようにシステム構築・開発をサポートします。

【はじめての流体解析】流体解析を業務に適用するとどうなる?へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社IDAJ

あなたが探している「ニュース:その他・お知らせ」の情報を見る

  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • 株式会社カンツール 本社
  • 2019-01-25 00:00:00.0
  • テサテープ株式会社
  • 2019-01-24 00:00:00.0
  • 株式会社テクノア 岐阜本社 東京本部 大阪支店 九州支店
  • 2019-01-23 00:00:00.0
  • ニッタ・ハース株式会社

キーマンインタビュー