株式会社システムクリエイト ロゴ株式会社システムクリエイト

最終更新日:2019/06/13

  • キャンペーン
  •  

掲載開始日:2019/06/13

営業効率化を応援!3Dビューワデビューキャンペーン【3D TascalX Light】を180日間無償で使えます!

小ロット・多品種・短納期化を背景に抱える案件が増える中で、“人手不足” や“働き方改革” に対応していくには従来以上に 効率的な営業活動が求められます。そのためには、業務で発生する「手間」や「ムダ」の削減が不可欠です。3D ビューワ 「3D TascalX Light」は3D データの閲覧に加えて各種計測や図面化にも対応しているため、これまで時間を要していた様々な業務の効率化が可能です。“できる営業マン” のパフォーマンスをさらにアップします。
※すでにシーセット社の製品(3D Tascal X、3D TascalX Light、3DFovi)を導入されているお客様、お見積もりを取得されているお客様は対象外となりますので、ご了承ください。

関連情報

はじめて3Dビューワをご利用されるお客様を対象に「3D TascalX Light」を期間限定で180日間無償でご利用いただけるキャンペーンを実施します。

関連製品

ハイスペック3Dビューワ『3DTascalX/Light』詳細

ハイスペック3Dビューワ『3DTascalX/Light』 製品画像

★180日間無償キャンペーン実施中★3Dデータを手軽に「確認」「計測」「図面化」できる3Dビューワ

初めて3Dビューワを導入されるお客様を対象に期間限定で180日間無償でご利用いただけるキャンペーンを実施中です! 3DTascalX Lightは、3DCADがなくても、様々な3Dデータを手軽に表示・確認できる3Dビューワです。 【特徴】 ■幅広い3Dデータを確認 主要なIGESやParasolidなどの中間データだけでなく、CATIA・NX・SOLIDWORKSなどの様々なネイティブ…

営業効率化を応援!3Dビューワデビューキャンペーン詳細

営業効率化を応援!3Dビューワデビューキャンペーン 製品画像

3D TascalX Lightを180日間無償で使えます!

はじめて3Dビューワをご利用されるお客様を対象に3D TascalX Lightを期間限定で180日間無償でご利用いただけます。 小ロット・多品種・短納期化を背景に抱える案件が増える中で、“人手不足” や“働き方改革” に対応していくには従来以上に 効率的な営業活動が求められます。そのためには、業務で発生する「手間」や「ムダ」の削減が不可欠です。3D ビューワ 「3D TascalX Light…

関連カタログ

取扱会社

株式会社システムクリエイト

工作機械・CAD/CAMシステムはもちろん、測定器やコンプレッサーなどの周辺機器、そして、最新の造形機や3Dプリンター・3Dスキャナー、パソコンやITツールなどものづくりに欠かせないあらゆる製品群を取りそろえており、お客様の要望にフィットした製品を厳選し、提案してまいります。 機械のトラブルやCAD/CAM操作に留まらず、各種ITツールやパソコンのメンテナンスなど、弊社技術スタッフがユーザー様を徹底的にサポート致します。 人材教育もお任せください。実践的なCAD/CAMスクールや、各種セミナーを随時開催しております。 また弊社では、高速試作のお手伝いとして、『3D受託サービス』を承っております。3D受託サービスは、最新の各種3Dプリンタや光造形機を使用しての3Dプリント造形サービスのほか、3Dスキャンによる現物からの3Dデータ化サービス、図面やデザイン画・DXFデータからの3Dモデルの作成など、最先端の3Dデジタル生産ツールを駆使した高度な技術を提供致します。 【3Dものづくり】に関することは『システムクリエイト』 にぜひ御相談下さい。

営業効率化を応援!3Dビューワデビューキャンペーン【3D TascalX Light】を180日間無償で使えます!へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社システムクリエイト

あなたが探している「ニュース:キャンペーン」の情報を見る


キーマンインタビュー