株式会社アピステ ロゴ株式会社アピステ

最終更新日:2021/11/25

  • カタログニュース
  •  
  • NEW
  •  

掲載開始日:2021/11/26

【資料公開】『後になって困らないためのチラーの選び方について』を公開しました!

チラーを選定する際には、使用条件・使用状況とチラーの機能・性能・仕様をしっかり選定することが大切です。
選定作業をおろそかにすると、使用を開始した後に期待した性能を発揮せず、対象となる機器やチラーそのものがトラブルをおこす事態に至ることも考えられます。
また、チラーの選定には、ワーク(冷却対象)温度や熱量だけでなく、配管の揚程なども必要です。そのため、他の設備や装置と比べてもチラーの機種選定は難易度が高く、トラブルが起きがちです。
本巻では、このチラーの選定方法についてわかりやすくご紹介いたします。是非ご覧ください。


【抜粋】※詳細は添付資料をお読みください※
■選定手順1:循環水の温度を決める
■選定手順2:冷却方式を決める
■選定手順3:冷却能力を決める
■選定手順4:ポンプの能力を決める

※ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください※

関連製品

高性能チラーPCU-SLシリーズ/精密チラーPCU-Rシリーズ

高性能チラーPCU-SLシリーズ/精密チラーPCU-Rシリーズ 製品画像

耐久性に優れたPCU-SLと-10~80℃対応のPCU-R。冷却・加温ともに対応!各現場に合わせて両シリーズを使い分けできます。

アピステの高性能チラーPCU-SLシリーズは、耐久性に優れており、粉塵の多い環境や屋外等でもご使用いただけます。 また、循環水を-5℃~45℃まで、±0.1℃の精度で水温管理することが可能です。 精密チラーPCU-Rシリーズは、-10℃~80℃の超ワイドレンジのため、幅広い温度帯に1台のチラーで対応することができます。 さらに、アピステ独自のパラレルタスク制御により、±0.05℃の高精度…

ノンフロンチラー『PCU-NEシリーズ』

ノンフロンチラー『PCU-NEシリーズ』 製品画像

ドライブレコーダー機能搭載!温度もエラーも自動記録し、万一のトラブル対応に活用できる

『PCU-NEシリーズ』は、地球環境とユーザーの負担に配慮し、 ノンフロン冷媒HFO-1234yfを採用したノンフロンチラーです。 「フロン排出抑制法」の対象外で、指定業者による回収・破壊の 必要や定期点検の義務がなく、フロンによるコスト負担を無くす ことができます。 【特長】 ■ドライブレコーダー、タイムカレンダー機能 ■外部温度センサのデータも記録可能 ■大口径タンクで…

【資料】はてなマガジン チラー編/アピステ

【資料】はてなマガジン チラー編/アピステ 製品画像

チラーの選定方法やスケールの対処法、配管・ポンプについて基礎から専門知識まで詳しく解説!

本資料は、純水・超純水からチラーの選定方法まで、分かりやすく解説した技術資料です。 純水が様々な洗浄に使用されている理由や、水を使った温調管理の方法、 液体配管のトラブルの原因や冷却能力の求め方など、分かりやすく解説しております。 チラーの選定でお悩みの方の参考資料としてはもちろん、初心者向けの研修資料としてもご利用ください。 【掲載内容】 ■チラーの選定方法編 ■水の成分とは? …

関連カタログ

取扱会社

株式会社アピステ

環境改善機器・冷却機器・温調機器の開発、販売 環境改善機器 ・高性能集塵機 ・高性能ミストコレクタ 液体温調機器 ・チラー ・オイルチラー 熱対策機器 ・制御盤用クーラー ・制御盤用熱交換器 ・ペルチェ式クーラー ・サーバ用クーラー 精密空調機器 ・精密空調機

【資料公開】『後になって困らないためのチラーの選び方について』を公開しました!へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

添付資料

お問い合わせ内容必須

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社アピステ

新着ニュース一覧」の情報を見る

  • 2021年12月02日
  • ヒノデホールディングス株式会社NEW
  • 2021年12月02日
  • 日本トレルボルグ シーリング ソリューションズ株式会社NEW
  • 2021年12月02日
  • 日之出水道機器株式会社 メカニカルスティッチ部NEW

キーマンインタビュー