水浸入検知シール
水浸入検知シール http://www.ipros.jp/data/products/tmp/107795/005/img/水没検知.jpg 従来の水浸入検知シールと異なり、シール表面に接する湿気でインクが反応せず、水没の誤検知を防ぎ、不正クレームなどを予防いたします。 水浸検知シールにインクを内在させた印刷(PAT.3058634)をしているため、 側面または裏面からのみ、毛細管現象で反応し、 水の浸入を確実に検知します。 ●表面から水性インクの確認ができない為、不正クレームを予防できます。(シークレットタイプ) ●和紙または新素材から2種類の反応速度を選べます。 ●表面にドット等のパターン印刷もできます。 ●ご希望に応じてオリジナル仕様も承ります。(お気軽にご相談ください。) 株式会社東光工業 機械部品 > 治具 > 検査治具 -
  • 誤検知防止!湿度で擬似反応しない、水没検知シール
    株式会社東光工業
    従来の水浸入検知シールと異なり、シール表面に接する湿気でインクが反応せず、水没の誤検知を防ぎ、不正クレームなどを予防いたします。

    水浸検知シールにインクを内在させた印刷(PAT.3058634)をしているため、
    側面または裏面からのみ、毛細管現象で反応し、
    水の浸入を確実に検知します。

    ●表面から水性インクの確認ができない為、不正クレームを予防できます。(シークレットタイプ)
    ●和紙または新素材から2種類の反応速度を選べます。
    ●表面にドット等のパターン印刷もできます。
    ●ご希望に応じてオリジナル仕様も承ります。(お気軽にご相談ください。)
  • 水浸入検知シールの製品画像です
    水浸入検知シールの製品画像です

基本情報水浸入検知シール

従来の水浸入検知シールと異なり、シール表面に接する湿気でインクが反応せず、水没の誤検知を防ぎ、不正クレームなどを予防いたします。

水浸検知シールにインクを内在させた印刷(PAT.3058634)をしているため、
側面または裏面からのみ、毛細管現象で反応し、
水の浸入を確実に検知します。

●表面から水性インクの確認ができない為、不正クレームを予防できます。(シークレットタイプ)
●和紙または新素材から2種類の反応速度を選べます。
●表面にドット等のパターン印刷もできます。
●ご希望に応じてオリジナル仕様も承ります。(お気軽にご相談ください。)

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

⇒詳細はカタログダウンロードからお問合せ下さい。

⇒サンプルご希望の方は、下記コメント欄よりお問合せ下さい。

よく使用される業種

飲食料品、繊維、紙・パルプ、化学、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、木材、セラミックス、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、CAD/CAM、環境、エネルギー、医療機器、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、印刷業、製造・加工受託、その他製造、商社・卸売り、小売、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、情報通信業、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、水産・農林業、鉱業、サービス業、その他

カタログ水浸入検知シール

  • 従来の水没検知シールと新タイプの痕跡持続タイプ

取扱会社水浸入検知シール

水濡れ、水浸入、水没、水分検知シール、機能部品印刷加工、スクリーン印刷、特殊印刷、シール印刷、デジタル印刷、加飾フィルム印刷

水浸入検知シールへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社東光工業


  • 機構部品がネットで買える!金属ワッシャーなど8,000点追加!最小8ロットからOK!廣杉計器のヒロスギネット
  • イハラサイエンス株式会社の継手は、これひとつで省エネに貢献!フルフロー構造で流量3倍「FF脱着くん」、滑らかな流れ&圧損減で流量1.5倍「NNT」で消費電力を大幅削減!

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー