プラズマジェネレーター FG5001
プラズマジェネレーター FG5001 http://www.ipros.jp/public/product/image/950/12004005/IPROS2339830061996280169.JPG 【特徴】 ○プラズマフレーム濃度のマニュアル設定が可能 ○分かりやすいテキストディスプレイで簡単操作 ○電圧、電流、周波数、エラーやステータスメッセージなどのオペレーションデータを各国語で表示 ○インジケーターライトを経由して主要なオペレーションステータスを表示 ○カスタマーインターフェースを通じた内部・外部オペレーション ○外部非常停止回路とリンクさせるためのインターフェース多数 ○システムインターフェースと付属ボックス、高圧ユニットへのプラグインコネクター ○ライトコントロールモジュールとローテーション監視内蔵(オプション) ※詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 日本プラズマトリート株式会社 科学・理化学機器 > 理化学機器 > プラズマ発生装置 -
  • 最大1000VAまでのプラズマ出力が可能!
    日本プラズマトリート株式会社
    FG5001 プラズマジェネレーターは、プラズマトリート社の
    プラズマジェネレーター5000シリーズの基本となる装置です。
    この装置は、非常にコンパクトな設計を特徴としています。
    そのためカウンターの下に設置するなど、スペースを節約することが
    できます。
    このクラスの製品としては初めて、定圧電源を実現しました。
    このシリーズには、最新型IGBT半導体増幅装置が設置され、
    高精度のプラズマ出力調節・制御機能と最高レベルの性能を
    兼ね備えています。
    FG5001 プラズマジェネレーターは、オプションとして最大2個の
    プラズマノズルを用いて運転することができます。

    ※詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。
  • プラズマジェネレーター FG5001の製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報プラズマジェネレーター FG5001

【特徴】

○プラズマフレーム濃度のマニュアル設定が可能
○分かりやすいテキストディスプレイで簡単操作
○電圧、電流、周波数、エラーやステータスメッセージなどのオペレーションデータを各国語で表示
○インジケーターライトを経由して主要なオペレーションステータスを表示
○カスタマーインターフェースを通じた内部・外部オペレーション
○外部非常停止回路とリンクさせるためのインターフェース多数
○システムインターフェースと付属ボックス、高圧ユニットへのプラグインコネクター
○ライトコントロールモジュールとローテーション監視内蔵(オプション)

※詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

・生産ラインへの取り付け、例えばタンボ印刷機など
・Plasmatreat(R)ラボ用システム、
 ステップレス調節可能な実験用一次ユニットと
 プラズマシングルノズル(ストレートとローテーション)

よく使用される業種

化学、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、製造・加工受託、その他

カタログプラズマジェネレーター FG5001

取扱会社プラズマジェネレーター FG5001

日本プラズマトリート株式会社

濡れ性改善プラズマ照射器の輸入販売及び濡れ性改善に対するコンサルティング業務

プラズマジェネレーター FG5001へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日本プラズマトリート株式会社


  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』
  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー