電力測定 フリッカメータ
電力測定 フリッカメータ http://www.ipros.jp/data/products/tmp/001409/004/img/フリッカメータ写真.jpg FK-40は、測定入力回路1チャンネルを標準とし、その他に2チャンネル、3チャンネルの入力回路を準備しています。多チャンネルを使用することで、3相回路を接続してのフリッカや電圧変動の3相同時測定、単相回路を2回路接続してのフリッカと電圧変動の同時測定など現場ニーズに合ったさまざまな測定に1台で対応することが可能です。なお、測定入力回路はチャンネル毎に独立、絶縁されており、各種設定はチャンネル単独に行えます。 九州計測器株式会社 測定・分析 > 電気計器・電位計 > 電気計器・電位計(メータ) IFK-40 -
  • フリッカ測定の決定版!
    九州計測器株式会社
    フリッカによる煩わしさがある限度を超えると一般需要家から苦情が生じます。供給系統に苦情が発生しないようにフリッカの管理を行うためには、使いやすいフリッカメータが必要です。
    フリッカの煩わしさは、電灯→眼→脳という人体の生理を含む複雑な機構を通して生じるため、これを正しく指示するフリッカメータの開発には高度の技術が必要です。
  • フリッカメータの製品画像です
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報電力測定 フリッカメータ

FK-40は、測定入力回路1チャンネルを標準とし、その他に2チャンネル、3チャンネルの入力回路を準備しています。多チャンネルを使用することで、3相回路を接続してのフリッカや電圧変動の3相同時測定、単相回路を2回路接続してのフリッカと電圧変動の同時測定など現場ニーズに合ったさまざまな測定に1台で対応することが可能です。なお、測定入力回路はチャンネル毎に独立、絶縁されており、各種設定はチャンネル単独に行えます。

価格

-

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

IFK-40

用途/実績例

納入実績:
電力会社全般

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、医薬品・バイオ、製造・加工受託、商社・卸売り、教育・研究機関、官公庁、サービス業

カタログ電力測定 フリッカメータ

  • 電気炉や産業機器、家庭用電気製品など瞬間的に大きな電気を消費する機器は系統に電圧変動を与えます。
    この電圧変動により照明などがちらつき(フリッカ)を起します。このちらつきがある周期で繰り返すことにより、人間は不快感(煩わしさ)を感じます。
    煩わしさを正しく評価する方法の一つとして、フリッカメータがあります。
    このフリッカメータ(IFK-40)は、IEC規格の評価法(Pst、Plt)および現在、国内で使用されている評価法でフリッカを評価することができ、今後国内でも規格の国際整合化の流れからIEC規格を取り入れた場合にも対応することが出来ます。

    [PDF:16MB]

取扱会社電力測定 フリッカメータ

九州計測器株式会社

※ISO9001 ISO14001 認証取得済 1. 電子計測器並びに電子応用機器等の製作、販売及び修理・校正 2. 研究開発サービス業:お客様のアイデアを具現化するお手伝い 3. 半導体、集積回路等の電子機器付属品の販売及び修理 4. システム制御装置の製作、販売及び修理 5. 計測コンサルタント 6. 中古機器の販売 7. 真空機器の設計、製作、販売、修理及び付属部品全般 8. その他上記各号に付帯関連する一切の事業

電力測定 フリッカメータへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

九州計測器株式会社


  • 機構部品がネットで買える!ゴムワッシャーは7,000点新規格化。廣杉計器のヒロスギネット
  • RS Proは産業用部品 約38,000点をラインアップ。翌日出荷サービスにより最短でお届け!

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー