リニアガイド(STAF)
リニアガイド(STAF) http://www.ipros.jp/public/product/image/e48/2000061781/IPROS8909515844504768468.jpg 二種類を用意しております。 ■□■□■□ BGC ケージタイプ リニアガイドは伝統的にブロックとレールとの間にある鋼球が連続して循環する構造になっています。 リニアガイドの接触型は鋼球による点接触にあり、鋼球の接点が非常に小さいゆえに接触する圧力(P)は(P=鋼球同士の推力(F)/鋼球の接触面積A)に限りなく近い。 それゆえ、鋼球同士の衝突する力が加わり、摩擦を発生する要因となります。 然しながら、リニアガイドBGCタイプは鋼球同士の相互の衝突はなく、摩擦がない 、それに、鋼球の面に油膜を作ることで、走行寿命が延び、また高速走行にも適します。 □■□■□■ BGX スタンダードタイプ リニアガイドは4条列の接触角45度の設計により4方向からの荷重を受けられる構造になっています。このような4方向等荷重の特徴をもっていることで、多種の機械装置等に広範囲に適用します。ゴシックアーチ式2条列とサーキューラーアーク式4条列と比較した場合、サーキューラーアーク式4条列のリニアガイドは多少の取付面に誤差があったとしても、ブロック内部の自動調整機能によって吸収され、高剛性、長寿命を得られます。 MODETECH GLOBAL SOURCE有限会社 製造・加工機械 > 搬送機械 > その他搬送機械
  • 低摩擦、 重荷重、高剛性、滑らかな動作が得られます。
    MODETECH GLOBAL SOURCE有限会社
    この商品は二つ形式を提供しております。

基本情報リニアガイド(STAF)

二種類を用意しております。
■□■□■□
BGC ケージタイプ
リニアガイドは伝統的にブロックとレールとの間にある鋼球が連続して循環する構造になっています。
リニアガイドの接触型は鋼球による点接触にあり、鋼球の接点が非常に小さいゆえに接触する圧力(P)は(P=鋼球同士の推力(F)/鋼球の接触面積A)に限りなく近い。
それゆえ、鋼球同士の衝突する力が加わり、摩擦を発生する要因となります。
然しながら、リニアガイドBGCタイプは鋼球同士の相互の衝突はなく、摩擦がない 、それに、鋼球の面に油膜を作ることで、走行寿命が延び、また高速走行にも適します。
□■□■□■
BGX スタンダードタイプ
リニアガイドは4条列の接触角45度の設計により4方向からの荷重を受けられる構造になっています。このような4方向等荷重の特徴をもっていることで、多種の機械装置等に広範囲に適用します。ゴシックアーチ式2条列とサーキューラーアーク式4条列と比較した場合、サーキューラーアーク式4条列のリニアガイドは多少の取付面に誤差があったとしても、ブロック内部の自動調整機能によって吸収され、高剛性、長寿命を得られます。

価格

※数量によって価格が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

価格帯

納期


※数量によって納期が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

用途/実績例

工作機械、半導体製造装置、一般産業機器から医療用まで幅広いラインナップ

よく使用される業種

産業用機械、機械要素・部品、産業用電気機器、電子部品・半導体

カタログリニアガイド(STAF)

  • ブランド名:STAF リニアガイド



取扱会社リニアガイド(STAF)

主な事業内容は自動車部品の生産・加工と、エアツールの金属部品、リニアガイド、バネ部品を生産しております。

リニアガイド(STAF)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

MODETECH GLOBAL SOURCE有限会社


  • 宮城のものづくり企業特集
  • レーザーでは難しい「微細加工」もお任せ! 半導体・センサ パッケージング技術展に出展します

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー