ナット・ボルトの脱落防止スプリング「LockOne」
ナット・ボルトの脱落防止スプリング「LockOne」 http://www.ipros.jp/public/product/image/9dd/2000064235/IPROS3506170310696657219.JPG ※ 詳細は、カタログをご覧頂くかまたはお問い合わせ下さい。 こちらの製品は「アドバネクス 楽天市場店」でもご購入頂けます。 http://item.rakuten.co.jp/advanex/c/0000000104/ 株式会社アドバネクス 機械部品 > 機械要素 > ばね 脱落防止スプリング「LockOne ロックワン」 ******
  • 施工済ナットに装着するだけでボルト・ナットの緩み・脱落防止に威力を発揮!
    株式会社アドバネクス
    ダブルナットでの緩み止め対策よりも飛躍的に効果があり、保守点検工程を低減できます。
    さらに約40%の軽量化にも貢献します。
    市販のソケットレンチを使用してカンタンに装着できます。
    NAS3350の規格に準拠した衝撃型振動試験機を用いた試験にもクリアしました。
    サイズはM4からM24までのラインアップです。

    【製品の特長】
    ○NAS3350の規格に準拠した衝撃型振動試験機を用いた試験においても、LockOneの緩み防止性能は証明されています。
    ○M4~M24までラインアップ。
    ○市販の12角のソケットレンチで装着出来ます。

    ◎その他詳細は、カタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。
  • 脱落防止スプリング「LockOne ロックワン」
    画像をクリックして拡大イメージを表示

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

基本情報ナット・ボルトの脱落防止スプリング「LockOne」


詳細は、カタログをご覧頂くかまたはお問い合わせ下さい。
こちらの製品は「アドバネクス 楽天市場店」でもご購入頂けます。
http://item.rakuten.co.jp/advanex/c/0000000104/

価格

******

価格帯

納期


※お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

脱落防止スプリング「LockOne ロックワン」

用途/実績例

鉄道・道路・設備など振動でボルト・ナットが緩んでは困る箇所に最適です。

よく使用される業種

樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、試験・分析・測定、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、医療・福祉、その他

詳細情報ナット・ボルトの脱落防止スプリング「LockOne」

脱落防止スプリング LockOne

拡大写真

取り付け事例

工場内の天井部や搬送装置などナットの脱落が気になる箇所

カタログナット・ボルトの脱落防止スプリング「LockOne」

  • サイズはM4からM24までご用意しています。
    NAS3350の規格に準拠した衝撃型振動試験機を用いた試験にもクリア。
    市販の12角ソケットレンチで取り付け可能。
    ダブルナットでの緩み止め対策よりも飛躍的に効果があり、保守点検工程の低減、軽量化にも効果あり。
    [PDF:958KB]

取扱会社ナット・ボルトの脱落防止スプリング「LockOne」

株式会社アドバネクス

精密ばね(線ばね・板ばね)・インサート成形・精密深絞り加工・組立品等の製造販売

ナット・ボルトの脱落防止スプリング「LockOne」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社アドバネクス

ナット・ボルトの脱落防止スプリング「LockOne」 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 業界最小クラスの1608サイズに2色搭載!ロームの小型・低背2色チップLED SML-D2シリーズ
  • 国際スマートグリッドEXPO出展

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー