スカラロボット THLシリーズ
スカラロボット THLシリーズ http://www.ipros.jp/public/product/image/ce6/2000073165/IPROS5441730136351461793.png 【特長】 ●用途に応じて選べる豊富なラインナップ   アーム長300mm~1000mmをラインナップ。 ●驚きの価格   標準小売価格が83万円からのスカラロボット。   必要十分な性能を驚きの価格で。 ●軽量   当社現行機種比で最大約60%の軽量化を実現!   環境負荷低減に貢献します。 ●省エネ   当社現行機種比で、電源容量を最大約70%低減!   省電力に適したロボットをご提供。 東芝機械株式会社 ロボット製品情報 製造・加工機械 > 産業用ロボット > スカラロボット THLシリーズ
  • 【標準小売価格83万円~!!】東芝機械グローバル戦略機器  スカラロボットTHLシリーズ!!
    東芝機械株式会社
    スカラロボットTHLシリーズは「低価格・軽量・省エネ」をコンセプトとし、標準小売価格83万円~と環境問題に考慮され開発されました。
    本機は、特にアジア圏をターゲットにグローバル市場のニーズに即した
    機能・性能に絞り込んで低価格を実現した世界戦略機です。

    下記は東芝機械のYou Tebeページです。
    http://www.youtube.com/watch?v=iUxyyspbrEs

    ■詳細はお問合わせまたはカタログダウンロードからお願いします■
  • スカラロボットTHLシリーズ、 専用コントローラTSL3000の製品画像です。
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報スカラロボット THLシリーズ

【特長】
●用途に応じて選べる豊富なラインナップ
  アーム長300mm~1000mmをラインナップ。
●驚きの価格
  標準小売価格が83万円からのスカラロボット。
  必要十分な性能を驚きの価格で。
●軽量
  当社現行機種比で最大約60%の軽量化を実現!
  環境負荷低減に貢献します。
●省エネ
  当社現行機種比で、電源容量を最大約70%低減!
  省電力に適したロボットをご提供。






価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

THLシリーズ

用途/実績例

【自動車部品】
小物部品の組み付けセル
ワーク仕分け・移し替えセル
部品組立セル
板状ワークのハンドリング
工作機械へのワークロード/アンロード
プレス機へのワークロード/アンロード
バリ取りセル
穴・タップ自動加工セル
ネジ・ナット締めセル
シーリング
【家電】
ワーク仕分け・移し替えセル
小物部品の組み付けセル
部品組立セル
板状ワークのハンドリング
プレス機へのワークロード/アンロード
穴・タップ自動加工セル
ネジ・ナット締めセル
シーリング
【電子】
小物部品の組み付けセル
部品組立セル
板状ワークのハンドリング
【電機】
ワーク仕分け・移し替えセル
バリ取りセル
【医療機器】
パレタイジング
ワーク仕分け・移し替えセル
【ガラス加工】
板状ワークのハンドリング
【通信機器】
携帯電話検査セル
【半導体】
パレタイジング

よく使用される業種

飲食料品、ガラス・土石製品、セラミックス、樹脂・プラスチック、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、医薬品・バイオ

スカラロボット THLシリーズへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

東芝機械株式会社 ロボット製品情報

スカラロボット THLシリーズ が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈
  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー