【放熱防止や燃料費の削減に貢献】タンク・配管設備用 保温カバー
【放熱防止や燃料費の削減に貢献】タンク・配管設備用 保温カバー http://www.ipros.jp/public/product/image/28a/2000083199/IPROS5987595368021704905.png ●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。 大阪コンテナーサービス株式会社 その他 > その他 > その他 - -
  • 餃子の王将様で採用!タンクや機械設備に装着するだけで、熱損失を防ぎ熱を逃さないエコプロテクター!全国に拠点を持って対応中!!
    大阪コンテナーサービス株式会社
    Eco Protectorは装着するだけで対象物からの熱放出を防ぎ、エアコン代の節約と同時に抜群の保温効果を発揮します!カバーをするから、火傷などの災害や現場の温度上昇からProtectしてくれます。また、CO2と経費の削減に効果的です。

    【実測例:シリンダー3機平均】
    ■目的…シリンダー周辺の温度抑制
    ■カバー使用前:169℃ ⇨ 使用後:58℃
    ・・・111℃の温度抑制に貢献!!

    【主な特長】
    ■放熱防止
    →タンクや配管設備からの放熱を約14%に抑えることが可能
    ■CO2と経費を削減
    →放熱で下がった温度を、必要温度まで加熱するときの燃料費(CO2)が大幅に削減
    →立ち上がり時間の短縮で作業者の手持ち時間も短縮
    →室内の空調関係の設定温度も上げることが可能
    ■脱着式
    →点検・修理時での取り付け、取り外しが簡単
    →保温工事のように無用な廃棄物がでない
    ■保護
    →高温設備をカバーするので、火傷や機械類への傷付き防止になる
    ■オーダーメイド対応
    →特注品や設置済みの複雑な状態でも採寸型取り可能

    詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。

基本情報【放熱防止や燃料費の削減に貢献】タンク・配管設備用 保温カバー

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。

価格

-
※詳細はお問い合わせ下さい。

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

-

用途/実績例

【採用例】
・株式会社王将フードサービス様
⇨食品工場のスープ製造用タンクの保温に採用!

・株式会社宝幸様
⇨水産品、乳製品、冷凍食品等の加工工場に採用!

・山陽化工株式会社様

その他実績や製品の詳細はお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

飲食料品、化学、石油・石炭製品、食品機械、民生用電気機器、産業用電気機器、光学機器、自動車・輸送機器、造船・重機、製造・加工受託、電気・ガス・水道業、情報通信業、医療・福祉、水産・農林業、その他

カタログ【放熱防止や燃料費の削減に貢献】タンク・配管設備用 保温カバー

  • Eco Protectorは装着するだけで、熱損失を防ぎ熱をさないからEcoなんです。カバーをするから、火傷などの災害をProtectしてくれます。また、CO2と経費の削減に効果的です。詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。

取扱会社【放熱防止や燃料費の削減に貢献】タンク・配管設備用 保温カバー

○コンテナバッグのメンテナンス(洗浄・点検・修理) ○エコ製品、物流関連製品の販売 (Eco Protector、コンテナバッグ、リサイクルパレット、フレックスハウス、エアースタイル、ECO BAGほかの販売)

【放熱防止や燃料費の削減に貢献】タンク・配管設備用 保温カバーへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

大阪コンテナーサービス株式会社

【放熱防止や燃料費の削減に貢献】タンク・配管設備用 保温カバー が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 期末SALE開催中 今なら、計測器や工具が驚きのプライスダウン!
  • 多人数での双方向同時通話が可能 ワイヤレスインターカムシステム

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー