ICソケット接続試験器
ICソケット接続試験器 http://www.ipros.jp/public/product/image/4f0/2000097587/IPROS73656404058545271.jpg ・試験ピン数: 200、400、600、800、1000…2000以上 ・試験機能:  (1)全ピンショートモジュールを使用した試験  (2)全ピンプルアップ抵抗経由の試験 R=20、100、500?  (3)ピン間のショートチェック ・チェック時間: 通常モードで5秒程度 ・ドライバ機能:Iout 700mA(最大) 出力リーク電流100μA ・レシーバIC機能: 0入力:0.8V 1入力:2.4V ・プルアップ機能: 4組以上50ピン毎。 1ブロック化+5V電源 ・パッケージライブラリの作成、保存が容易 ※製品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。ご了承下さい。 東京電子交易株式会社 測定・分析 > 試験機器・装置 > 試験機器・装置 ISC-2000
  • 2000ピンを超える微細ICソケット、コネクタ、ケーブルの導通を高速に試験する低価格な多ピン導通チェッカ
    東京電子交易株式会社
    ISC-2000AシリーズはICソケット、コネクタ、ケーブルなどの接触を高速に試験する低価格の多ピン・チェッカです。リレースキャナと抵抗計の代わりにロジック回路を採用し、パソコンで制御する事により、安価で高速のチェッカを実現しました。ピン数拡張性に優れ、2000ピン以上の構成が可能です。ICソケットのみではなく、バックプレーン、ケーブル、PC板などの接続、非接触チェックに最適です。

    ※製品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。ご了承下さい。
  • ICソケット・チェッカ
    ICソケット・チェッカ

基本情報ICソケット接続試験器

・試験ピン数: 200、400、600、800、1000…2000以上
・試験機能:
 (1)全ピンショートモジュールを使用した試験
 (2)全ピンプルアップ抵抗経由の試験 R=20、100、500?
 (3)ピン間のショートチェック
・チェック時間: 通常モードで5秒程度
・ドライバ機能:Iout 700mA(最大) 出力リーク電流100μA
・レシーバIC機能: 0入力:0.8V 1入力:2.4V
・プルアップ機能: 4組以上50ピン毎。 1ブロック化+5V電源
・パッケージライブラリの作成、保存が容易

※製品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。ご了承下さい。

価格

※ピン数により変わります

価格帯

100万円以上 500万円未満

納期


※オプションにより変わります

発売日

2005-01-01 00:00:00.0

型番・ブランド名

ISC-2000

用途/実績例

・ICソケット
・コネクタ
・ケーブル

よく使用される業種

試験・分析・測定

取扱会社ICソケット接続試験器

・ESD試験器 ・CDM試験器 ・LATCH-UP試験器 ・TLP試験器 ・DCテスタ ・ゲートリック(GL)テスタ ・超高速ACパラメータテスタ ・エレクトロ・マイグレーション試験装置 ・dv/dtテスタ ・半導体メモリ・ソフトエラー評価装置 ・オープン/ショートテスタ ・TLPテストシステム Model 4002/4012 ・ウェーハ・プローブ Model 45001WP ・高速・高電圧パルス発生器 Model 632 (50ps/2.5kV) ・大電力用同軸機器 ・GP-IB, RS-232, イーサネット制御スイッチ・モジュール ・PXIスイッチ・モジュール ・PXI計測モジュール ・VXIスイッチ・モジュール ・PCIスイッチ・モジュール

ICソケット接続試験器へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

東京電子交易株式会社

ICソケット接続試験器 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • RS Proは産業用部品 約38,000点をラインアップ。翌日出荷サービスにより最短でお届け!
  • ゴムワッシャー大増量!ピンヘッダー・ローレットツマミなど全78,000アイテム収録!総合カタログ進呈中

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー