オーバーフロー式自動はんだ付け装置 SOFR-400
オーバーフロー式自動はんだ付け装置 SOFR-400 http://www.ipros.jp/public/product/image/e8f/2000097664/IPROS1048341012442542552.jpg 【主な特長】 ●4パターンのディップ方式が選択可能(最適条件が設定可能) →・通常の面ディップ  ・ピールバック動作(4軸の電動シリンダーを使用し、最大4度の角度でピールバックが可能)  ・スライド動作(ディップ時に基板搬送チェーンを前後に動かす)  ・ドラッグ・アップ動作   (ピールバック動作とスライド動作を同時に行う) ●生産性アップ! →高性能予熱ヒーターにより「パレットディップ」時の生産性アップを実現(短時間で予熱可能) ●N2供給(オプション) →基板搬送部(2ヶ所)とはんだ槽側面(2ヶ所)の計4ヶ所から同時供給することによりドロス発生量を抑制。 ●セル生産対応 →インライン対応とセル生産対応(リターンバック)が選択可能。 ●コンパクト化 →小型化し(当社同タイプの約1/2)、省スペース化を実現。 ◎「カタログをダウンロード」から仕様等の詳細がご覧いただけます。  ご興味のある方はカタログをダウンロードしてご覧下さい。 株式会社弘輝テック 製造・加工機械 > 実装機械 > はんだ付け装置 ***** *****
  • 多機能ディップ機構により「はんだ品質」を改善!
    株式会社弘輝テック
    SOFR-400は、4パターンのディプ方式が選択可能なオーバーフロー式自動はんだ付け装置です。
    今回、高性能予熱ヒーターによりパレットディップ時の生産性アップが実現しました!
    さらに、多機能ディップ機構により「はんだ品質」を改善しました。
    小型化し(当社同タイプの約1/2)、省スペース化を実現しました。

    詳しくは、カタログをダウンロードしてご覧下さい。
  • この製品を
  • Twitterボタン

基本情報オーバーフロー式自動はんだ付け装置 SOFR-400

【主な特長】
●4パターンのディップ方式が選択可能(最適条件が設定可能)
→・通常の面ディップ
 ・ピールバック動作(4軸の電動シリンダーを使用し、最大4度の角度でピールバックが可能)
 ・スライド動作(ディップ時に基板搬送チェーンを前後に動かす)
 ・ドラッグ・アップ動作
  (ピールバック動作とスライド動作を同時に行う)

●生産性アップ!
→高性能予熱ヒーターにより「パレットディップ」時の生産性アップを実現(短時間で予熱可能)

●N2供給(オプション)
→基板搬送部(2ヶ所)とはんだ槽側面(2ヶ所)の計4ヶ所から同時供給することによりドロス発生量を抑制。

●セル生産対応
→インライン対応とセル生産対応(リターンバック)が選択可能。

●コンパクト化
→小型化し(当社同タイプの約1/2)、省スペース化を実現。

◎「カタログをダウンロード」から仕様等の詳細がご覧いただけます。
 ご興味のある方はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

価格

*****
※お問い合わせ下さい。

価格帯

納期


※お問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中
※お問い合わせ下さい。

型番・ブランド名

*****

用途/実績例

お問い合わせ下さい。

よく使用される業種

産業用機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、その他製造、その他

カタログオーバーフロー式自動はんだ付け装置 SOFR-400

  • わたしたち株式会社弘輝テック は、電子社会化の進展に沿って"はんだ付け”の技術開発と製造販売を続けています。 1980年代は"接着剤硬化装置"や"チップ部品混載対応の憤流はんだ付装置"を設計/販売しました。 1990年代になり、地球環境保護の理念のひろがりに伴い、電子基板の無洗浄対応フラックス適用したはんだ憤流方法の開発や、フロンレス洗浄に対応した"代替フロン洗浄装置"の設計/販売を行いました。 近年では"憤流はんだ付装置"と"リフローはんだ付装置"の技術開発を進めています。 技術のいっぱい詰まった はんだ付装置 総合カタログ を無料プレゼントします! カタログをダウンロードしてご覧下さい。

取扱会社オーバーフロー式自動はんだ付け装置 SOFR-400

はんだ付け装置及びその周辺機器の製造及び販売

オーバーフロー式自動はんだ付け装置 SOFR-400 が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す

  • 紡糸、コーティング糸、不織布、フィルムなどユニットの組合わせで多様な試作に対応 小型単軸押出機ALM-E20
  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー