ポイント墳流はんだ付け装置 EQS-350
ポイント墳流はんだ付け装置 EQS-350 http://www.ipros.jp/public/product/image/098/2000097668/IPROS6646640523618169261.jpg 【主な特長】 ●高品質! →はんだ付けポイントごとに必要なはんだ量と熱容量、及び、時間をコントロールし、最適な「はんだ条件」設定ができます。 「熱容量」の大きい部品用に「角型ノズル」を搭載し、生産性アップも可能。 ●NCソフト作成の簡易化 →「専用ソフト」(O/P)にスキャナーで取り込んだ画像や基板設計時のガーバーデータを表示させ、「はんだ付け」プログラムを生成できます。 ●「はんだ槽モジュール」拡張により生産性を向上 →「はんだ槽モジュール」の拡張により生産タクトに合わせたライン構築が可能。 ◎「カタログをダウンロード」から仕様等の詳細がご覧いただけます。  ご興味のある方はカタログをダウンロードしてご覧下さい。 株式会社弘輝テック 製造・加工機械 > 実装機械 > はんだ付け装置 ***** *****
  • はんだ槽モジュール拡張により生産性を向上!
    株式会社弘輝テック
    EQS-350は、インライン式のスタンダードタイプのポイント墳流はんだ付け装置です。
    水平搬送+はんだ槽X-Y-Z軸制御の普及型モデルです。
    はんだ付けポイントごとに必要なはんだ量と熱容量、及び、時間をコントロールし、最適な「はんだ条件」設定が可能と、高品質な性能になっています。

基本情報ポイント墳流はんだ付け装置 EQS-350

【主な特長】
●高品質!
→はんだ付けポイントごとに必要なはんだ量と熱容量、及び、時間をコントロールし、最適な「はんだ条件」設定ができます。
「熱容量」の大きい部品用に「角型ノズル」を搭載し、生産性アップも可能。

●NCソフト作成の簡易化
→「専用ソフト」(O/P)にスキャナーで取り込んだ画像や基板設計時のガーバーデータを表示させ、「はんだ付け」プログラムを生成できます。

●「はんだ槽モジュール」拡張により生産性を向上
→「はんだ槽モジュール」の拡張により生産タクトに合わせたライン構築が可能。

◎「カタログをダウンロード」から仕様等の詳細がご覧いただけます。
 ご興味のある方はカタログをダウンロードしてご覧下さい。

価格

*****
※お問い合わせ下さい。

価格帯

納期


※お問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中
※お問い合わせ下さい。

型番・ブランド名

*****

用途/実績例

お問い合わせ下さい。

よく使用される業種

産業用機械、ロボット、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、その他製造、その他

カタログポイント墳流はんだ付け装置 EQS-350

  • わたしたち株式会社弘輝テック は、電子社会化の進展に沿って"はんだ付け”の技術開発と製造販売を続けています。 1980年代は"接着剤硬化装置"や"チップ部品混載対応の憤流はんだ付装置"を設計/販売しました。 1990年代になり、地球環境保護の理念のひろがりに伴い、電子基板の無洗浄対応フラックス適用したはんだ憤流方法の開発や、フロンレス洗浄に対応した"代替フロン洗浄装置"の設計/販売を行いました。 近年では"憤流はんだ付装置"と"リフローはんだ付装置"の技術開発を進めています。 技術のいっぱい詰まった はんだ付装置 総合カタログ を無料プレゼントします! カタログをダウンロードしてご覧下さい。

取扱会社ポイント墳流はんだ付け装置 EQS-350

はんだ付け装置及びその周辺機器の製造及び販売

ポイント墳流はんだ付け装置 EQS-350へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社弘輝テック

ポイント墳流はんだ付け装置 EQS-350 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈
  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー