【気化器】精密液体供給システム ”CEM”
【気化器】精密液体供給システム ”CEM” http://www.ipros.jp/public/product/image/a10/2000099774/IPROS7038875142087079791.jpg 【特長】 ○ガス/液体の正確混合(質量流量) ○高速応答 ○高再現性 ○水、各種溶剤、混合液等 ○高安定性ベーパー流量 ○ガス/液体比率選定がフレキシブル ○通常システムに比して低運転温度 ●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。 ブロンコスト・ジャパン株式会社 制御・電機機器 > プロセス制御機器 > 流量制御
  • ガス流量、液体流量、温度の設定により蒸気供給量を精密制御可能な気化器。大気圧、加圧、真空プロセスのいずれにも適用可能。
    ブロンコスト・ジャパン株式会社
    ベーパー制御による精密液体供給システム「CEM」(Controlled Evaporation and Mixing)は常圧や真空プロセスに適用可能な革新的液体供給システム(LDS; liquid delivery system)です。

    本気化器は液体流量計、キャリアーガス用流量コントローラ,温度制御機能と混合バルブを含む蒸発部で構成されています。

    本システムは0.25...1200g/hの液体流量に対応し、流量50mln/min...100ln/minの蒸気を作りだすことが可能です。バブラーシステムをこのシステムで置き換えることができます。

    バブリングにないCEMシステムの特徴として、混合物や液体に溶解している固体さえも上手く蒸発させることが可能です。詳しくはカタログをダウンロードしてください。
  • 画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報【気化器】精密液体供給システム ”CEM”

【特長】
○ガス/液体の正確混合(質量流量)
○高速応答
○高再現性
○水、各種溶剤、混合液等
○高安定性ベーパー流量
○ガス/液体比率選定がフレキシブル
○通常システムに比して低運転温度

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。

価格

※お問い合わせください。

価格帯

納期


※お問い合わせください。

発売日

取扱い中

用途/実績例

【用途】
○CVD等
○各種分析計のテスト/キャリブレーション用参照ガス発生用
○毒ガス防護服の効果検査等
○分析計(湿度計)向け参照用水蒸気発生用
○燃料電池の加湿
○麻酔システム

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

産業用機械、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、医薬品・バイオ

カタログ【気化器】精密液体供給システム ”CEM”

  • ベーパー制御による精密液体供給システム「CEM」(Controlled Evaporation and Mixing)は常圧や真空プロセスに適用可能な革新的液体供給システム(LDS)です。ベーパー発生システムは液体流量調節計、キャリアーガス用MFC,温度制御された混合バルブと蒸発部で構成されています。システムは0.25...1200g/hの液体流量に対応し、結果として飽和ベーパー流量50mln/min...100ln/minを造りだすことが可能です。バブラーシステムをこのシステムで置き換えることができます。CEMシステムに新しい適用ができました。混合物、更にソルベントに溶解しているソリッドでさえも上手く蒸発することが可能です。詳しくはカタログをダウンロードしてください。
    [PDF:5MB]

【気化器】精密液体供給システム ”CEM”へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ブロンコスト・ジャパン株式会社

【気化器】精密液体供給システム ”CEM” が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』
  • 危険性流体のサンプリングを手作業で行っていませんか?

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー