管・棒・板等のガラス製品に 「パイレックス・パイレックス強化品」
管・棒・板等のガラス製品に 「パイレックス・パイレックス強化品」 http://www.ipros.jp/public/product/image/d19/2000105408/IPROS5629909702589573061.JPG 【パイレックス強化品 特長】 ○常用最高温度 260℃ ○平均線膨張係数 37× 10-7 / ℃以下 ○常用曲げ強さの最小値 120N /mm2 【パイレックス(強化なし) 特長】 ○常用温度 230℃ ○最高温度 490℃ ●詳しくは、カタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。 株式会社安中特殊硝子製作所 特殊硝子部 営業課 素材・材料 > ガラス > ガラス
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報管・棒・板等のガラス製品に 「パイレックス・パイレックス強化品」

【パイレックス強化品 特長】
○常用最高温度 260℃
○平均線膨張係数 37× 10-7 / ℃以下
○常用曲げ強さの最小値 120N /mm2

【パイレックス(強化なし) 特長】
○常用温度 230℃
○最高温度 490℃

●詳しくは、カタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。

価格

※詳細はお問合せ下さい。

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

その他詳細は、お問い合わせください。

よく使用される業種

化学、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、自動車・輸送機器、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、製造・加工受託、商社・卸売り、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、サービス業、その他

カタログ管・棒・板等のガラス製品に 「パイレックス・パイレックス強化品」

  • パイレックス は、管・棒・板・ベルジャー等のガラス製品として供給されています。
    フッ化水素と熱リン酸を除く全ての酸に対して耐蝕性がありますが、熱したアルカリ金属の
    水酸化物の液体中では表面にくもりと腐食が起こることがあります。
    また熱膨張率が低いので普通のガラスより高温や熱サイクルに耐えられます。
    除冷品では1000psi まで設計熱応力を許容し、強化品は設計熱応力を3000psi まで上げ、
    耐熱衝撃性を強めることができます。
    パイレックスは一度強化されると追加工はできません。
    詳しくは、カタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。
    [PDF:258KB]

取扱会社管・棒・板等のガラス製品に 「パイレックス・パイレックス強化品」

株式会社安中特殊硝子製作所 特殊硝子部 営業課

■生産主要品目 ●各種光学用レンズ ●光学用プリズム ●耐熱・耐圧強化ガラス ●高圧用水面計ガラス ●流量計用テーパー管ガラス ●光学用セル ●硬質ガラス円筒 ●高精度研磨加工 ●各種樹脂コーティング ●各種薄膜蒸着 ●ガラスフィルター ●樹脂フィルター ●合成光学結晶 ●強化合わせガラス 他

管・棒・板等のガラス製品に 「パイレックス・パイレックス強化品」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社安中特殊硝子製作所 特殊硝子部 営業課

管・棒・板等のガラス製品に 「パイレックス・パイレックス強化品」 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 金属ワッシャー大増量!総合カタログ最新版 進呈
  • 暑い現場を5℃冷やす。霧+ファンの冷房装置『COOLJetter』

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー