無脈動・精密・定量ポンプ(導入事例公開中)
無脈動・精密・定量ポンプ(導入事例公開中) http://www.ipros.jp/public/product/image/6fa/2000106732/IPROS4418980048480270624.jpg 【無脈動ポンプ】3本のシリンダーから排出される液体の総量を常に一定にするように工夫した、特殊カムを使用しています。 吐出行程で各プランジャーが各々三段階の異なったスピードで移動し、1本のプランジャーで吐出する時も2本のプランジャーで吐出する場合も、 その総量は常に等しくなるよう設計されています。 しかも吐出側と吸入側の流速が常に等しい為、全ての行程に無理がなく、またキャビテーションの発生もおさえられます。 その上、上下部死点でのチェックボールの動きがスムーズで、リークをおさえると共に弁座及びチェックボールの偏摩耗をなくしています。 その結果、長く高精度移送を維持する事ができます。またカム部や、プランジャー等の接液稼働部はミクロン単位の高精度加工により、 その定量性を±0.1%にまで上げています。 富士テクノ工業株式会社 機械部品 > ポンプ > 特殊ポンプ HYシリーズ
  • 流量偏差±0.1%以下(条件により0.01%も可能)を達成!圧倒的な性能!(精密ポンプ 定量ポンプ 無脈動ポンプ)
    富士テクノ工業株式会社
    【無脈動ポンプ】【定量ポンプ】【精密ポンプ】
    ポンプ回転数に比例して常に一定の流速を保持できるため、従来バッチ式に頼っていた乳化・混合・合成がライン上で可能となりました。
    無脈動でしかも負荷変動にも強い為、ギアポンプのように圧力変動がある際、
    吐出流量が変わることなく、常に安定した量の触媒・塗料を押出機へ注入する事ができます。

    【特長】
    ●往復動ポンプなのに、脈動無し。
    ●高い定量性(誤差±0.1%以下)
    ●吸入、吐出側に圧力変動があった場合も吐出量の変化なし。
    ●粘度が変わっても吐出量に変化なし。
    ●吐出量は回転数に完全比例。

    噴霧・混合・コーティング・各種実験に最適なポンプです。
    カタログダウンロードに製品の詳細と、導入された事例を公開させて
    頂いておりますので、お気軽にダウンロードください。
  • スーパーメータリングポンプ
    画像をクリックして拡大イメージを表示

動画で製品特徴をわかりやすくご紹介

基本情報無脈動・精密・定量ポンプ(導入事例公開中)

【無脈動ポンプ】3本のシリンダーから排出される液体の総量を常に一定にするように工夫した、特殊カムを使用しています。
吐出行程で各プランジャーが各々三段階の異なったスピードで移動し、1本のプランジャーで吐出する時も2本のプランジャーで吐出する場合も、
その総量は常に等しくなるよう設計されています。
しかも吐出側と吸入側の流速が常に等しい為、全ての行程に無理がなく、またキャビテーションの発生もおさえられます。
その上、上下部死点でのチェックボールの動きがスムーズで、リークをおさえると共に弁座及びチェックボールの偏摩耗をなくしています。
その結果、長く高精度移送を維持する事ができます。またカム部や、プランジャー等の接液稼働部はミクロン単位の高精度加工により、
その定量性を±0.1%にまで上げています。

価格

※仕様により価格が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

価格帯

100万円以上 500万円未満

納期


※仕様により納期が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

発売日

取扱い中
※昭和60年11月より販売開始

型番・ブランド名

HYシリーズ

用途/実績例

●ライン混合及び乳化(乳化・合成)

無脈動で定量性にすぐれ、しかもポンプ回転数に比例して
常に一定の流速を保持できるため、従来バッチ式に頼っていた
乳化・混合・合成がライン上で可能となりました。

●押出機への触媒・塗料の比例注入

無脈動でしかも負荷変動にも強い為、ギアポンプのように
圧力変動があると吐出流量が変わってしまうようなことがなく、
常に安定した量の触媒・塗料を押出機へ注入する事ができます。

●精密コーティング

無脈動定量の為、コーティングに使用した場合、常に均一な厚みで
コーティングでき、しかもキャビテーションの起こりにくい構造により
塗布面に泡が混入せず完璧なコーティングができます。
また多少のサクションヘッドの変化やフィルターの目詰まり等による
圧力変化にも全く影響を受けません。

●精密噴霧 ●スプレードライ ●燃焼試験機

脈がなく定量の為、ノズルより噴霧された粒径が一定し、製品の質が向上します。

よく使用される業種

化学、医薬品・バイオ

ラインナップ

型番 概要
HYM-03

接液部素材SUS316 最高吐出圧力9.8MPa(特別仕様により24.5MPa可)

HYM-06

接液部素材SUS316 最高吐出圧力9.8MPa(特別仕様により19.6MPa可)

HYM-08

接液部素材SUS316 最高吐出圧力9.8MPa

HYSA-06

接液部素材SUS316 最高吐出圧力98MPa                  

HYSA-08

接液部素材SUS316 最高吐出圧力23.5MPa(特別仕様により50.0MPa可)

HYSA-10

接液部素材SUS316 最高吐出圧力23.5MPa(特別仕様により32.34MPa可)

HYSA-12

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 23.5MPa                  

HYSA-16

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 14.7MPa                  

HYSA-20

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 9.4MPa                 

HYSB-16

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 14.7MPa

HYSB-20

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 11.7MPa

HYSB-25

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 7.5MPa

HYSB-30

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 5.1MPa

HYSB-40

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 2.9MPa

HYSC-06

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 200MPa

HYSC-25

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 13.7MPa

HYSC-30

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 9.5MPa

HYSC-40

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 5.3MPa

HYSC-50

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 3.4MPa

HYSC-60

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 2.3MPa

HYSD-60

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 10.0MPa

HYSD-65

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 8.6MPa

HYSD-80

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 6.5MPa

HYSD-100

接液部素材 SUS316 最高吐出圧力 4.0MPa

カタログ無脈動・精密・定量ポンプ(導入事例公開中)

  • ポンプ回転数に比例して常に一定の流速を保持できるため、
    従来バッチ式に頼っていた乳化・混合・合成がライン上で可能となりました。
    無脈動でしかも負荷変動にも強い為、ギアポンプのように圧力変動がある際、
    吐出流量が変わることなく、常に安定した量の触媒・塗料を押出機へ注入する事ができます。

    【特長】
    ●往復動ポンプなのに、脈動無し。
    ●高い定量性(誤差±0.1%以下)
    ●吸入、吐出側に圧力変動があった場合も吐出量の変化なし。
    ●粘度が変わっても吐出量に変化なし。
    ●吐出量は回転数に完全比例。

    噴霧・混合・コーティング・各種実験に最適なポンプです。
    カタログダウンロードに製品の詳細と、導入された事例を公開させて
    頂いておりますので、お気軽にダウンロードください。
    [PDF:5MB]

取扱会社無脈動・精密・定量ポンプ(導入事例公開中)

富士テクノ工業株式会社

自社オリジナルの定量性ポンプをはじめとした、各種ポンプの製造、販売。 切削工具等、産業用消耗品の販売。

無脈動・精密・定量ポンプ(導入事例公開中)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

富士テクノ工業株式会社

無脈動・精密・定量ポンプ(導入事例公開中) が登録されているカテゴリ

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • 制御精度±0.01℃ 圧縮空気温度調節装置 ナノサーモACU
  • 高性能EtherCATモーションコントローラ。期間限定特別価格でご提供

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー