密度計/振動式密度計「D625 & SVT」シリーズ
密度計/振動式密度計「D625 & SVT」シリーズ http://www.ipros.jp/public/product/image/e1d/2000108959/IPROS5714094909605611952.JPG 【特徴】 ■振動式密度計測定原理 振動式密度計は振動チューブにサンプル液を満たした状態で振動を与えると、振動チューブはサンプル液の 質量に比例した固有振動周期で振動する。 よって、振動チューブの形状、材質、容積により密度を算出することができます。 また、温度センサーを内蔵しているので、温度変化による密度変化もマイクロプロセッサにより補正した密度をリアルタイムで監視できます。 ■操作性に優れたインターフェイス USB端子を装備し、簡単にWindowsパソコンと接続できます。 付属の専用ソフトウエアを起動し、現場での設定やモニタリングも容易に行えます。 メニューをタブ形式でまとめ、操作性 の向上を図りました。また、温度、圧力の監視も可能。 モニタリングもグラフ表記とテキストで分かり易く表示します。 ※その他仕様等は「資料請求」して頂くか、「ダウンロード」にてご覧ください。 ハイテック株式会社 測定・分析 > その他計測器 > 流量計
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報密度計/振動式密度計「D625 & SVT」シリーズ

【特徴】
■振動式密度計測定原理
振動式密度計は振動チューブにサンプル液を満たした状態で振動を与えると、振動チューブはサンプル液の
質量に比例した固有振動周期で振動する。
よって、振動チューブの形状、材質、容積により密度を算出することができます。
また、温度センサーを内蔵しているので、温度変化による密度変化もマイクロプロセッサにより補正した密度をリアルタイムで監視できます。

■操作性に優れたインターフェイス
USB端子を装備し、簡単にWindowsパソコンと接続できます。
付属の専用ソフトウエアを起動し、現場での設定やモニタリングも容易に行えます。
メニューをタブ形式でまとめ、操作性
の向上を図りました。また、温度、圧力の監視も可能。
モニタリングもグラフ表記とテキストで分かり易く表示します。

※その他仕様等は「資料請求」して頂くか、「ダウンロード」にてご覧ください。

価格

※お問い合わせ下さい。

価格帯

納期


※お問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中

用途/実績例

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。

よく使用される業種

化学、民生用電気機器、試験・分析・測定、環境、エネルギー、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、サービス業、その他

詳細情報密度計/振動式密度計「D625 & SVT」シリーズ

振動式密度計 SVTシリーズ

振動式密度計 SVTシリーズの製品画像です

カタログ密度計/振動式密度計「D625 & SVT」シリーズ

  • 配管内に流れる流体の流量を配管の外側から計測し、熱交換器等の入口と出口 の温度信号を取り込むことにより熱量を測定することができます。 表面温度センサーを使用すれば、配管を加工をすることなく熱量の測定が可能です。
    [PDF:554KB]

取扱会社密度計/振動式密度計「D625 & SVT」シリーズ

ハイテック株式会社

海外製計測機器の輸入・販売・アフターフォロー(修理、メンテナンス、点検、現地取付調整等) ・取扱品目 超音波時間差式流量計 超音波ドップラ式流量計 容積式流量計 タービン流量計 インペラー式流量計 挿入式電磁流量計 振動式密度計 フローセンサー(液体用・気体用) 他

密度計/振動式密度計「D625 & SVT」シリーズへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ハイテック株式会社


  • 危険性流体のサンプリングを手作業で行っていませんか?
  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 建築建材インテリア(製造)
  • キーマンインタビュー