トーニック株式会社 風速スイッチ FSW-T1

風速スイッチ FSW-T1 http://www.ipros.jp/public/product/image/179/2000114717/IPROS3621877228962582388.jpg 風速検出範囲は0m/s~10m/s、風温-10℃~50℃の気流を±5%±0.1m/s(温度補償含ます)の高精度で検出可能です。 アンプとセンサが一体型のため設置や配線が簡単です。 風速設定は専用ソフトで任意に設定できます。設定した風速を下回ったり上回るとリレーが動作します。 常に変化する風速によるリレーのハンティング(乱調)を防止するためにハンティング防止時間が設定できます。(0秒~255秒) トーニック株式会社 制御・電機機器 > 空調機器 > 空調 FSW-T1
設定した風の速さを検出するとリレー接点がON/OFFする熱式風速検出スイッチです!常に安定した風速・風量が得られます。

管路内や装置内の空気の流れを検知し、設定した風速を検出するとリレー接点がON/OFFする、熱式風速検出スイッチです。

管路内に常時設置可能なため、常に安定した風速や風量が得られます。

またリレー出力のためPLCなどの制御機器との接続でファンやダンパの自動制御も簡単に実現できます。

基本情報風速スイッチ FSW-T1

風速検出範囲は0m/s~10m/s、風温-10℃~50℃の気流を±5%±0.1m/s(温度補償含ます)の高精度で検出可能です。

アンプとセンサが一体型のため設置や配線が簡単です。

風速設定は専用ソフトで任意に設定できます。設定した風速を下回ったり上回るとリレーが動作します。

常に変化する風速によるリレーのハンティング(乱調)を防止するためにハンティング防止時間が設定できます。(0秒~255秒)

価格 -
※お問い合わせください
価格帯 1万円以上 10万円未満
納期 お問い合わせください
※数量によって変動します。お問い合わせください。
発売日 2012-01-01 00:00:00.0
型番・ブランド名 FSW-T1
用途/実績例 ・24時間ハイブリッド換気システムの風速制御
・給気風量の制御
・HEPAフィルターの目詰まり監視
・装置の排気風量の制御
よく使用される業種 産業用機械、機械要素・部品、産業用電気機器、電子部品・半導体、試験・分析・測定、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、製造・加工受託、教育・研究機関

カタログ風速スイッチ FSW-T1

多点風速風温計測システム

多点風速風温計測システム 表紙画像

【特長】
●GeZ-200D/DAは、トーニック風速風温プローブを接続し、1台で風速・風温それぞれ16チャンネルまでの多点計測が可能な出力ユニットです。

●出力ユニットは16台まで接続可能で最大256チャンネルの多点計測が
可能です。

●リアパネル側から入出力ボードを必要なチャンネル数だけスロットインし、仕様していただけます。

●計測ソフトウェアを使用することにより、パソコンで簡単にデータを取り入れることができます。又、表示器ユニットG-4DPを使用することにより、風速風温値が確認できます。

●GeZ-200DAは表示器ユニットG-4DPおよび、パソコンとの通信と同時にアナログ信号を出力します。

常温用超小型風速風温プローブ

常温用超小型風速風温プローブ 表紙画像

貼付型風速風温プローブQB-5は台座からの高さがなんと5mm!
機器筐体内の風の流れや風速分布を計測するのに適しています。

従来、風速測定は棒状の風速プローブを手で持って測ることがほとんどでした。
QB-5は測定ポイントに貼り付けるだけ!

今まで測定をあきらめていた狭い場所での風速測定や、
多点風速分布測定、製品開発段階での熱流体解析など、
様々な用途でお使いいただけます。

多点風速計測・出力ユニットと組み合わせれば、
最大256点の風速分布が正確に測定できます。
シミュレーション結果の検証や分析に適しています。
風速風温測定可能温度範囲:0℃~50℃

ダクト常設型風量検出器ダクトメータ DMS−N1A 

ダクト常設型風量検出器ダクトメータ DMS−N1A  表紙画像

ダクト内の風量を常時監視可能な風量計測システムです。

ダクトに風速センサを挿入し、0.5m/s〜15m/sまでの風速を測定、指示計DMS−N1にて風量に演算し表示および4−20mAのアナログ出力が可能です。

風速センサは一般空気用のTSセンサと耐薬品性をもったUTセンサの2種類があり、特にUTセンサは産業空調における酸・アルカリ・有機系の排気ダクトの風量監視が長期間計測可能で、
すでに半導体・電子機器工場などの排気ダクトで多く採用されております。

風洞用アナログ出力式多点風速計

風洞用アナログ出力式多点風速計 表紙画像

風洞装置には信頼できる風速計が必要です。トーニックは今では数少ない国産風速計製造メーカーで、プローブから変換器まですべて自社で製作しております。また校正もトレーサブルな基準器を管理し、自社で校正を行っております。風洞装置をお持ちの大学、公共研究機関や建築、自動車業界など民間企業の研究所の皆様へ「アナログ出力式多点風速計」をご紹介します。風洞装置に最低必要とされる測定ポイント32chから最大144chまでご希望のch数で製作可能です。プローブは小型の支持棒型風速プローブおよび風温プローブで温度補償もお客様で可能です。またプローブは水平方向無指向性、従来の熱線式や白金センサ式と異なり、頑丈です。風速風温計測出力ユニットはセンサに定電流を供給し、センサからの出力を調整し0-10Vの非線形のアナログ信号を出力します。アナログ信号は所定の計算式に基づき、風速、風温に変換することが可能です。またユニットの前面パネルには各chごとに「オフセット」「スパン(ゲイン)」を調整できるダイヤルを設けており、お客様で校正を行ったり、計測中に調整が可能となりました。風速範囲は0~30m/s、風温0~50℃まで測定可能です。

超小型貼付型風速風温プローブ ローコスト仕様のご紹介

超小型貼付型風速風温プローブ ローコスト仕様のご紹介 表紙画像

超小型貼付型風速風温プロ―ブとアナログ風速風温変換器を用いた、ローコストタイプの風速計です。機器内や装置内の風速や温度分布の測定をしたいけど、多点風速計や、小型の風速センサは価格が高いからなかなか採用できない!とお困りのお客様へ、トーニックがローコストで多点風速風温分布測定が可能な仕様をご紹介します。

ダクト風速・風量検出器 ダクトメータ総合カタログ

ダクト風速・風量検出器 ダクトメータ総合カタログ 表紙画像

ダクト常設型風量計 総合カタログ。耐薬品性風速風温プローブはじめ空調ダクト、機器装置のダクト内風量を簡単に測定、監視、制御が可能です。

取扱企業風速スイッチ FSW-T1

s-P1080129.jpg

トーニック株式会社

風速計・風量計・風速センサの製造・販売 半導体加工サービス(成膜,フォトエッチングプロセス,ダイシングなど) 半導体センサの試作・製作

風速スイッチ FSW-T1へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須
ご要望必須

  • あと文字入力できます。

目的必須
添付資料
お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら

イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

トーニック株式会社

風速スイッチ FSW-T1 が登録されているカテゴリ